箱根駅伝5区に学ぶ低体温症と低血糖の恐怖。

2015.12.21 Monday

0
    箱根駅伝を見ていると
    数年に一度
    低体温症におちいり
    足元から崩れ落ちる選手を
    目にすることが有ります。



    特に
    往路最終区間5区の登りでは
    標高が高くなるので
    必然的に気温も下がり
    前半にかいた汗が
    一気に冷え込んでいきます。



    2013年大会では
    2名の選手が低体温症で
    危険となってしまいました。



    今年の2015年も
    トップでタスキを受け取った
    駒澤大学の馬場選手でしたが
    ゴール目前で足元がふらつき出し
    ゴールテープが見えている
    残り数百メートルで何度も転倒し
    転げ込むように4位で往路5区を
    走り終えました。



    後のインタビューでは
    走り始めた以降の記憶が
    ほとんどなく気が付いたら
    ベッドの上だったと話しています。


    このまま陸上を続けていいのか
    とまで悩んだ馬場選手ですが
    周りの選手に支えられ
    「箱根の借りは箱根で返すしかない」
    という監督の言葉に奮い立ち
    2016年の箱根を目指すことを決意たそうです!




    今年に入り
    1万メートルとハーフマラソンで
    自己ベストを更新!

    全日本駅伝では6区を任され
    区間賞も獲得した馬場選手!!


    今季の駒大は
    もう一人5区の候補者
    大塚選手が現れましたが
    「5区でリベンジしたいが
    一番大事なことはとーむに貢献する事」

    と馬場選手は話しています。


    個人的には
    5区リベンジを見たいですが
    今年の箱根駅伝は
    チームエントリーから
    どきどきしながら見れそうです!!




    話しは少し戻りますが
    ベテランランナーでさえも
    おちいってしまう「低体温症」

    さらに怖いのは
    「低血糖」
    併発してしまうこと!




    気温が12℃を下回ると
    低体温症になりやすく
    体温が35℃を下回ると
    ガタガタ震える事すらできずに
    意識が低迷していきます。



    体温を上げるには
    エネルギーを消費しないと
    いけないのですが
    そのエネルギーとなるのは
    脂肪です!



    一流ランナーは
    ほとんど脂肪が無く
    糖をエネルギーとして使う為
    身体からどんどん糖がエネルギーとして
    使われていきます。



    その結果
    エネルギーとして燃やすものが
    身体からなくなってしまい
    自ら歩く事すらできなくなります!



    前半から突っ込み過ぎ
    中盤に足がつり出している選手がいたら
    低血糖の前触れの可能性がある為注意が必要です!



    その状態で気温が下がり
    風が吹いて汗が冷やされると
    身体の体温をあげる為にも
    エネルギーを使う

    一気に低血糖の恐れが高まります!



    こちらのサイトがわかりやすく
    低体温症におちいるケースを
    漫画で解説していますので
    是非見てみてください!
    「冬のマラソントラブルは?」




    これからまだまだ大会はいっぱいありますが
    気温はどんどん下がってくるので
    大会はもちろん練習の時も
    身体を冷やさないように気を付けましょう!

    雲仙市湯・YOUマラソン大会!活気のある大会です♪

    2015.12.20 Sunday

    0
      ここ四日間箱根駅伝ネタでしたので
      今日は毎週末恒例のブース出展報告でm(__)m


      今日は長崎県の雲仙市小浜町で行われた
      「雲仙市湯・YOUマラソン大会」
      にお邪魔してきました♪





      最近はどこに行っても必ずゆるキャラいますね(笑)




      小浜と言えば2つ有名なことがあります!

      1つは温泉街!!





      街のいたるところから
      もくもくと白い蒸気が!!



      街中にもお湯が(笑)





      そしてもう一つが
      オバマ(小浜)大統領!!!





      サンタさんコスプレでしっかりと
      出迎えてくれました♪



      今回の大会はすごくよかった!!

      マラソン大会はもうかなり行ってるけど
      今までで一番「町全体で」大会を盛り上げよう
      という活気が伝わってきました♪


      どういう事かと言うと
      受付以外の場所の公園や
      駐車場で出店がいっぱい出てる♪

      道を一本挟んだ小道では
      フリーマーケットや海産物の露店と
      50種くらい露店が出てました!





      こういう露店が多いとランナーだけでなく
      応援する人も楽しめるので走ってる人を見て
      「来年は自分も出てみようかな」
      と思ってくるので翌年の
      参加者も増えていくと思います♪

      7:30から受付開始で
      10:00スタート
      13:00から閉会式と
      お楽しみの抽選会♪


      今大会はビギナーも参加しやすい
      5kmや10kmから
      今後の大会の調整目的でも参加できる
      20kmといった
      比較的参加しやすい距離でした!


      コースも5kmと10kmはほぼフラットで
      20kmは中盤折り返しの2kmくらいが
      アップダウンがありました!


      長崎らしい登戸下りを体感したい人は
      20kmにエントリーするのがオススメです♪



      参加人数は2千人は超えていて
      最後はお楽しみの抽選会のあります!


      まだ行かれたこと無い人は
      オススメの大会ですね♪♪



      前泊か後泊して温泉でゆっくりして
      みるのがいいと思いますよ♪



      ちなみに
      ご当地グルメは長崎らしい
      「小浜ちゃんぽん」!!



      生卵を落として食べるのが
      「小浜流」との事です♪



      温泉街1km圏内に
      10店舗くらいお店があるので
      是非行ってみて下さい!!

      箱根駅伝2016注目選手その1。大久保陸人選手!

      2015.12.19 Saturday

      0
        ここ三日間で箱根駅伝の基本から魅力を
        簡単にご紹介してきましたが
        今日からは注目選手をご紹介します!


        今日は注目選手第一弾として
        大東文化大学の1年生
        大久保陸人選手!!




        この髪型は入部当初かな?

        この間買ったこの本↓では坊主になってた!!




        こんな感じ♪



        さて
        なぜ大久保選手が注目されているか?

        それは実力はもちろんですが
        なんとお父さんの大久保初男さんは
        もと箱根駅伝の選手なんです!




        しかも
        1974〜1977年大会で初の
        5区4年連続区間賞
        の偉業を成し遂げています!!!



        そんな大先輩を父に持つ
        陸人選手は父親と同じく
        「5区は譲れない!」という
        強い想いで5区エントリーに
        望んでいます!!



        陸人選手は東北高校で
        陸上を始めた時から
        「大久保2世」と呼ばれ
        注目を浴びていました。



        その期待はプレッシャーとして
        のしかかるものですが大久保選手は
        「尊敬している父の事を言われると
        嬉しく励みになる」
        とプラスに転換!!




        今年の1/2には父初男さんと
        5区の9km地点から
        最高点の19km地点まで歩き
        傾斜のきついポイントを確認。



        高校時代は故障に悩まされていた為
        大学に入りクールダウンやストレッチを
        入念に行うなど競技者としての
        自覚が芽生えている!



        「自分の役目をしっかり果たしたい」
        口にしている大久保選手ですが
        個人的には父越えをして欲しい!!
        とひそかに楽しみにしています♪



        そんな大久保選手のプロフィールは
        身長161cm 体重47kg
        中学生の頃はサッカー部に所属しており
        高校入学から本格的に陸上を始める。




        大東文化大学はエースの大隈選手が
        出雲駅伝直前で足を痛めて離脱している。



        「箱根駅伝には間に合わせる」と言っている為
        エース大隈選手と大久保選手を中心に
        シード権獲得を狙っています!!
         

        箱根駅伝の魅力。復路編!

        2015.12.18 Friday

        0
          今回は
          箱根駅伝の魅力シリーズ第三弾
          復路の魅力!!



          ちなみに昨日は往路の魅力を
          お伝えしましたm(__)m
          ※「箱根駅伝の魅力。往路編!」



          まず
          復路のスタートは往路のゴール地点
          芦ノ湖からスタートして
          東京駅へと帰るコースとなります。



          ただし
          往路での順位のタイム差がそのまま
          復路スタートに持ち越される
          ので

          往路1位が2位と30秒差あったとすると
          復路は往路1位のチームがスタートしてから
          30秒後に2位のチームがスタートとなります。



          また
          11位以降のチームは一斉スタートとなります。


          復路のスタート6区は山の下りからスタートとなり
          8割以上は下りのコースとなります。



          また
          前日の夜の気温が低いと路面が凍結するので
          非常に注意が必要です!


          山を下って7区の選手にタスキを繋いだら
          山から海に抜けるコース。



          ここは一番寒暖差が大きいので
          選手の体力を大きく奪う要因にもなります。



          海沿いを抜けて市街地になると
          8区にタスキが渡りここでは
          5区の山登りを除くと一番の
          勾配の坂が有り難所となります!!


          そして
          復路のエース区間の9区!

          ここでの一番の見どころは
          直線の先に次走者が見えていながらも
          タスキが繋がらないというドラマ

          多く見られます!



          そしてゴールの10区は何といっても
          シード権争い!!



          10位以内に入れば翌年の箱根駅伝の
          シード権が得られるため
          鬼気迫るラストスパートは壮絶です!!!



          二日間にかけて行われた箱根駅伝は
          ゴールでフィニッシュを迎えると共に
          既に翌年への戦いが始まっています!!

          箱根駅伝の魅力。往路編!

          2015.12.17 Thursday

          0
            きのう
            箱根駅伝とはなんぞやという
            基本中の基本を書いたので
            「今更聞けない箱根駅伝ってどんな大会!?」

            今回は
            箱根駅伝の魅力
            伝えたいと思います♪


            魅力といっても玄人好みの魅力と
            初心者でもわかりやすい魅力があるので
            今回はわかりやすい
            初心者でもわかる魅力をピックアップ!


            いくつかあるけど見どころは
            往路はこんな感じかな?
            ・下位からのごぼう抜き
            ・山の神




            まずはごぼう抜きから!

            どの程度のごぼう抜きがあるのか?




            まず箱根駅伝出場校は20校です。
            過去の記録を見ていくと不思議な数字が!


            2009年の85回大会で
            ギタウ・ダニエル選手
            2区で20人抜き!?



            20校しか出ないなら
            最高でも19人抜きなのでは??


            調べてみると85回大会は
            記念大会ということで
            通常より3校枠を増やし
            史上最多の23校が出場!


            ギタウ・ダニエル選手は
            22位でタスキを受けて
            20人抜きの2位で3区に
            タスキを繋ぐという!!


            この記録は
            この先参加枠が増えない限りは
            抜くことが不可能な伝説的な記録ですね!!


            ちなみに
            この大記録の前の年にも
            ギタウ・ダニエル選手
            19位でタスキを受けて
            4位で3区にタスキを繋ぐという
            15人抜きもやっています(笑)


            何と更にこれだけじゃないです!!

            20人抜きした翌年には
            またまたごぼう抜き!!

            今度は13位でタスキを受けて
            2位で3区にタスキを繋ぐ
            11人抜き!!!


            まとめるとこんな感じ♪
            2008年(84回大会)15人抜き
            2009年(85回大会)20人抜き
            2010年(86回大会)11人抜き


            4年間で50人抜きしているという
            恐ろしい記録をもっています(笑)


            そう!

            2区には大逆転劇が起こりやすく
            そのチームのエースが走ることから
            花の2区
            とも言われています!!

            2区は距離が長く
            後半のアップダウンが強烈で
            ランナーとしての地力が問われるので
            2区には各チームのエースが
            出そろいます!!

            2区後半ののぼりが見え始めたら
            駆け引きが始まりだすので
            実況アナウンスに注意して
            観戦するとかなり面白いですよ!!





            次の箱根駅伝の魅力
            山の神!!


            名前の通り5区の山登りを
            神がかり的な走りで駆け上る
            選手に与えられる称号です!!


            山の神といえばこの人!!
            柏原竜二選手!!



            2009年85回大会から出場した
            この人の凄さは言葉で説明するよりも
            動画の方がわかりやすいですm(__)m



            4年連続で5区をトップでフィニッシュし
            往路4連覇を果たしています!!
            内3回は区間新記録という怪物的な走り!!



            ちなみに4年連続で往路を制したのは
            1974年(50回大会)〜1977年(53回大会)
            を制した大久保初男選手以来!!


            なんと今年は
            その大久保初男選手の息子である
            大久保陸人選手
            5区の山登りを走ります!!


            果たして父を超えられるのか!?



            しかし
            今大会の大本命はやはりこの選手!

            あの柏原竜二選手の記録を塗り替えた
            三代目山の神こと
            神野大地選手!!!




            2015年91回大会を
            往路復路を制し総合含む全てを
            大会新記録で塗り替え優勝した
            青山学院大学!!



            その立役者となったのがこの
            神野大地選手!!


            今年の2月6月と疲労骨折で
            思うように練習が出来ずに
            約5か月ぶりに実戦復帰となった
            全日本大学駅伝で最長の8区を任されるも
            本来の力を発揮できず・・・。


            大学三冠が消えてしまったため
            今回の箱根駅伝連覇には
            そうとうな気合で挑んでくるはず!!!



            青山学院大学
            神野大地選手
            復活連覇なるか!!





            それぞれの区間の見どころは
            また後日お伝えしますね♪

            これから毎日
            箱根駅伝ブログになるので
            よろしくです!!!

            今更聞けない箱根駅伝ってどんな大会!?

            2015.12.16 Wednesday

            0
              今年も残すところ後半月!

              年末年始はイベントも多く
              テレビ番組も特番だらけで
              色々と楽しみな時期ですよね♪

              ランナーにとって欠かせない
              イベントはやはり
              1/1元旦に行われる
              「ニューイヤー駅伝」



              そして
              その翌日から二日間にかけて行われる
              「箱根駅伝」




              今回はこの箱根駅伝の
              基本中の基本から
              解説していきたいと思います。


              まず「箱根駅伝」の正式名所は
              「東京箱根間往復大学駅伝競走」
              です!


              名前の通り
              「東京ー箱根」間を
              大学の陸上競技部の選手が
              タスキを繋げ走る駅伝大会です!



              「駅伝」と言うのは
              ざっくりというと
              長距離(最低フルマラソン以上)を
              数人でリレー形式で走り
              そのタイムを競う大会の事です。


              ちなみに箱根駅伝は
              日本中の大学から勝ち上がった
              「全国大会」
              的なものではありません。




              関東学生陸上競技連盟という
              連盟に加盟している大学の中で
              予選会と言われる大会で
              結果を残した大学のみが
              出場できる大会です!

              いわば関東大会ですね♪



              ただ、
              陸上を志している多くの中高生が
              箱根駅伝に出ている大学を目標に
              日々練習し大会に挑んでいるので

              そういう選手が集まる大学なので必然的に
              レベルは全国トップクラスと言っても
              過言は無いでしょう!



              ちょっと話しがそれましたが
              箱根駅伝は1/2の往路
              1/3の復路
              二日間でタイムを争います!


              往路復路共に5区ずつの
              計10区に分かれてそれぞれの
              大学の選手がタスキを
              次の区へと繋いでいきます。


              ひと区間約20km前後走るので
              一日で100kmオーバーの距離を
              5人の選手で走り抜けます!


              スタート地点は東京駅




              往路ゴールはもちろん
              神奈川県の箱根にある
              芦ノ湖付近。




              復路はこの芦ノ湖からスタートし
              東京駅すぐそばの
              読売新聞東京本社前!




              さっき
              ひと区間ごとに約20kmといいましたが
              箱根駅伝のトップ選手は
              その約20kmの距離をなんと
              1時間5分前後
              で走り抜けます!!!


              1kmを3分ちょっとで走るので
              100mを18〜19秒です・・・。


              自足に直すと約20km/hくらい。


              ママチャリを普通にこぐと
              約15〜18km/hと言われているので
              普通にママチャリに乗ってる人を
              余裕で追い越せるスピードですね(笑)




              ちなみにテレビ放送は
              1/2,3ともに朝7時から
              日本テレビで放送されます。


              福岡県だとFBSですね♪

              明日から区間ごとの見どころと
              注目選手など解説していきます!


              新年は箱根駅伝を
              みんなで見ましょう!!!

              出張ランin恵比寿南

              2015.12.15 Tuesday

              0
                最近出張先でも
                走る様にしてるんですが
                恵比寿南は坂が多い!!



                結構な傾斜ありますよ〜!!

                ロードコンディションも
                あまり良く無いので
                ヒールの女性とかは
                大変そう・・・。



                今日は
                とある勉強会で
                東京に来てて
                懇親会で飲んで走りました。


                ・・・。
                飲んだ後走るのはいかんですね!!



                血流良くなるから酔いは回るし
                ちょっと頭痛くなるし
                喉が異常に乾きます!!


                何よりいけないのが
                走ってる途中で素敵な
                酒場を見つけてしまうこと!!!




                迷わず入りました(笑)

                ビールとこんなのも
                頼んじゃう♪




                ちょっと一杯のつもりが
                大好きなムール貝を
                見つけてしまった!!!



                結果3杯飲んで
                帰りはわざと遠回りして
                酔い覚ましをしながら宿泊先へ。



                う〜ん。
                走るにはいろんな意味で
                鍛えられる街だなぁ♪


                恵比寿気に入ったので
                今度からここに泊まろう!!!


                吉住友里選手からご紹介頂きました♪

                2015.12.14 Monday

                0
                  マラソンシーズン真っ盛りで
                  あちこちで大会があってますが
                  イトイテックスの愛用者の一人
                  「吉住友里選手」
                  12/13(日)の奈良マラソン
                  ペーサーとして参加されました!



                  風船をつけて走る吉住選手
                  可愛過ぎる♪♪♪




                  吉住選手は2013年の大阪マラソンで
                  女子の部日本人の総合2位を獲得しており
                  その小柄な体格からは想像できない
                  早さと力強い走りをされます!!

                  その一年前の2012年北海道マラソンでは
                  市民ランナーながら優勝も!!

                  この新聞がいい(笑)



                  吉住選手がどれくらい小柄か?


                  なんと身長143cm!!!!



                  男性選手と並ぶとこんなにも差が!



                  スポーツをしている人なら誰しもが
                  わかると思いますが
                  身長=才能と言われるくらい
                  身長のアドバンテージは大きいです!!

                  マラソンも身長が大きいと
                  必然的にストライドの幅も大きく
                  小柄な選手よりも
                  「一歩の差」が大きく出ます!



                  そんな体格的ハンデをものともせず
                  圧倒的な力強い走りは
                  見るものをとりこにします♪

                  この力強さは静止画像でも伝わりますね!!




                  そんな実力派ランナー吉住さんの
                  Itoitexの感想をご紹介します!

                   

                  初めて履いた瞬間は
                  少しゴワゴワした感じで
                  今までに履いたことのない
                  感覚でしたがすぐになじんで

                  走ってみると普通のソックスより
                  しっかりと足にフィットして
                  違和感なく走れました。

                  このソックスが特にいいのは
                  ・雨や夏の汗ばむ時期でも蒸れないこと
                  ・耐久性があり、長期間使用できること
                  ・足にフィットして、しっかり指まで使って走れること

                  です。

                  普通のソックスでは私の場合
                  毎日相当な距離を走るので
                  すぐに穴が開いたり
                  破れてしまってましたが

                  このソックスはかなり丈夫なので
                  かなりもちます。

                  また
                  雨の日はソックスが蒸れたり
                  靴の中までぐじゅぐじゅに
                  なってしまっていたのですが

                  このソックスなら
                  それほど水もしみこまず
                  蒸れることもないので
                  マメや水ぶくれも出来にくいです。

                  何より
                  滑り止めが付いていなくても
                  靴の中でもずれずに
                  足にフィットして走れるので
                  快適です!

                  他のランナーやスポーツ選手にも
                  このソックスを自信をもって
                  勧めることが出来ます。

                   



                  吉住さんの走りこむ距離は
                  この足が物語ってますね!!




                  美しい脚です!!
                  僕もこんな足になりたい!!


                  こちらのブログ
                  北海道マラソン2012の
                  吉住さんの走りを臨場感と共に
                  非常に魅力的に書いてあります♪



                  吉住さんのブログ
                  可愛くても読みやすい♪

                  早速ブックマークしてしまいました♪

                  吉住さんのブログ内でも
                  イトイテックスの靴下を
                  ご紹介して頂きました♪

                  「おすすめソックス!!」






                  実際に走っているランナーの方々が
                  色々ご紹介して頂けると
                  本当に嬉しい限りです♪♪


                  応援して頂いている方や
                  ご愛用頂いている方々のためにも
                  がんばるぞー!!

                  吉野ケ里歴史公園リレーマラソンで出展・協賛してきました。

                  2015.12.13 Sunday

                  0
                    今日は佐賀県の吉野ケ里遺跡で
                    「第15回吉野ケ里歴史公園
                    リレーマラソン大会」

                    にブース出展してきました!





                    優勝チームに商品協賛もしたので
                    協賛の欄に小さく名前も(笑)




                    今大会もやはりと言うべきか
                    午前中は小雨で午後から晴天。







                    今大会は
                    参加者のテント率の高さが
                    半端なかった!!!



                    去年から飲食ブースの出店が始まったらしく
                    物販はウチ一つだけ。



                    となりの佐世保バーガーの香りが
                    食欲をそそること!!!




                    知人も駆けつけて頂き
                    写真撮ってもらいました♪

                    スタッフが奥できょとんとしてますが(笑)




                    小島先生背伸びランニング
                    置いてると知ってる人が多い!!


                    さすがだなぁ!!



                    ウチの靴下も
                    「facebookで見た」
                    言って頂ける方が増えてきました♪


                    来週は長崎県の
                    「雲仙市湯・Youマラソン大会」
                    でブース出展します!


                    長崎県では初出店ですので
                    楽しみです♪

                    ちなみに長崎県では
                    川下スポーツさんで
                    お取り扱い頂いています!




                    店長の山本さんは
                    福岡国際マラソンにも参加された
                    間違いない実力派で
                    アイテムの知識だけでなく
                    身体の使い方などもしっかり
                    相談に乗ってくれます!




                    長崎県でItoitex(イトイテックス)や
                    ランニンググッズをお探しの際は
                    川下スポーツさんへGO!!

                    正しいランニングフォームは背伸びにある!?

                    2015.12.12 Saturday

                    0
                      今日は福岡県宗像市で
                      コジコジ先生こと
                      小島成久先生
                      ランニングセミナーに
                      参加してきました♪




                      セミナーの内容は小島先生の著書で
                      僕のランニングの教科書でもある
                      「背伸びランニング」
                      の応用編でした!




                      本は何度も反復して読んでたけど
                      実際にセミナーに参加するのは初めて!!



                      文字で読むのと話を聞くのでは
                      やはり直接話を聞く方がわかりやすい!!


                      備忘録として再度
                      「背伸びランニング」とは
                      なんぞやを綴っておきます。



                      そもそも「走る」という行為は
                      「重心移動」の連続にあります。



                      どういう事か?

                      それを理解するにはまず
                      身体の「重心」を知る必要があります。



                      身体の重心には
                      上半身の重心
                      身体全身の重心

                      下半身の重心
                      三つがあります!




                      下半身の重心は股の下あたりで
                      体感することは出来ないので
                      走るときには上二つの
                      身体全身と上半身の重心を
                      利用して走ります。


                      この重心の位置を利用した走法が
                      「背伸びランニング」です。




                      まず知っておきたいのが
                      両足を地面について
                      かかととつまさき
                      両側面を繋いだ面を
                      「支持基底面」と言います。

                      ※赤い点は重心の点。


                      この支持基底面内に重心がおさまれば
                      身体のバランスは安定します!


                      従って
                      支持基底面の外に重心がずれると
                      身体のバランスが崩れるので
                      重心が前にずれたら前に
                      横にずれたら横にと
                      足が自然と支えとして踏み出されます。


                      これは人間に限らず
                      物体でも同じことが言えます。




                      ですので
                      走るという行為は
                      「足で地面を蹴る」のではなく
                      「重心をずらし続ける」
                      という行為の連続なのです。



                      そして
                      「背伸びランニング」
                      この「重心をずらし続ける」行為の
                      効率を最も高めるフォームと
                      意識作りにあります。



                      実際にやってみましょう♪

                      まず普通に地面に立ち
                      その状態で足の裏にかかる
                      重さの位置(重心)を意識してください。



                      その後両手を組み
                      ぐ〜っと上に背伸びをしてください。



                      そうすると上半身の重心の位置である
                      「胸骨」がくっと持ち上がって
                      お腹も凹むのがわかるはずです。


                      それが意識出来たら持ち上がった胸骨と
                      凹んだお腹をキープしたまま手を下してください。


                      その状態で足の裏にかかっている
                      重さの位置(重心)は先程と比べてどうですか?


                      背伸びする前は足の裏全体か
                      かかとに重心が感じられていたはずですが
                      背伸びの後はつま先付近に重心が
                      動いているはずです!


                      これは
                      先程の支持基底面の話しに戻ると
                      重心が規定面の前方に
                      スライドしていることになります。


                      したがって
                      背伸び後は少し体を前に倒すと
                      自然に足が一歩前に出るはずです!



                      背伸び前だと上半身の重心が
                      身体の中心か猫背の人は体の後方にあるので
                      その位置を支持基底面からずらそうとすると
                      不自然な前傾姿勢になってしまいます。


                      そこで「背伸び」をすることで
                      上半身の重心が前に移動し
                      「走りやすい状態を作り出します」!!



                      サブ3を切る早いランナーは
                      自然とこの「胸骨をあげる」という
                      動作が身についていますが
                      市民ランナーになると走り出しの姿勢が悪く
                      重心が後ろに位置している人が多いです!




                      ランニングはどれだけ
                      エネルギー効率を高めて
                      体力の消費を抑えて長く走るかが
                      非常に重要です!!


                      20〜30kmで足がつる人は
                      足で地面を蹴っていて
                      この重心移動で走れていない人が
                      大多数です!!


                      まずは「背伸び」をして
                      「胸骨を上げ」「お腹を凹ませる」
                      ことをしっかり意識し
                      重心移動で走るイメージを
                      しっかりもちましょう♪


                      それだけであなたのランニングの
                      「感覚が」いままでと別物になるはずです!!

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>