新色カラー名決定:zoomin Pink,zoomin Blue

2016.09.06 Tuesday

0

    先日告知しました新色のお問合せを多く頂く中

    まだ色の名前が決まってなかったのですが

    ようやく決まりました!!

     

     

     

    zoomin Pink(スーミン ピンク)

     

     

    zoomin Blue(ズーミン ブルー)

     

     

     

    名前の由来は弊社サポートランナーの

    吉住選手が新色を気に入ってくれており

    仮の名前で吉住さんの相性である

    「ず〜みん」を取り使っておりました(笑)

    ※蔵王バーチカル日本選手権:吉住選手日本チャンピオンに♪

     

     

    でも商品のカラーの名前にするには

    ちゃんと意味も付加したいなと

    色々と調べてみました。

     

     

    新色「zoomin」カラーの由来


    ■zoomの意味

    急上昇する、拡大する、疾走する

     

    ■zoom inの意味

    カメラが焦点を合わせ拡大すること


     

     

    これはアスリートにとっていい言葉では!!

     

     

    この新色「zoomin」カラーをゲットし他人が

    順位が急上昇したり、

    今までよりも早いタイムで疾走出来たり。

     

    この新色「zoom in」カラーをゲットし他人が

    目標や夢に焦点を定めて確実に前進できるように。

     

    そんな想いも乗っけて近日リリースします!!!

     

     

    吉住選手(ず〜みん)と一緒に走りたい

    吉住選手(ず〜みん)の様に速くなりたい

    と言う人にもおすすめです♪♪

    RaidLight直営店に行きました♪

    2016.09.01 Thursday

    0
      念願のRaidLight直営店に
      行けました!!!



      最近取扱店は増えてるけど
      RaidLightファンとしては
      やはり直営店に行かねば!!!



      今までのなかなか時間が取れなかったけど
      今日はあえてお店に行く時間を取って
      東京に着いたらまっすぐ東日本橋へ♪



      今までこの靴を愛用して
      かなりのヘビーユースで
      だいぶ傷んできました><



      この靴を買ったのは1年前くらいで
      新しいモデルも出てたので気になってました♪



      結論から言うと即買い!!



      今回の靴は前回と違って
      ソールが薄めのレース仕様といった感じ。



      買ってさっそく10kmくらい走ったけど
      しっかり反発もあるのでロードでもタイムが狙える!



      今度トレイルでも試してみます♪♪



      直営店には当たり前だけど
      ソフトフラスコや小物も沢山あって
      RaidLightファンにはたまらない空間!!



      今後東京に来たら毎回足を運びそう(笑)

      月初の出張前は事務処理で忙殺。

      2016.08.31 Wednesday

      0
        明日から五日間東京出張!!!



        月初に出張が入ると
        前日の事務処理が鬼の様に!!



        でも帰ってきた時の事務処理のほうが
        本当はかなり大変なんですけどね><



        今回の出張は大忙しになる予定!!



        でもその反面楽しみな事だらけだから
        あっという間に終わりそうな気がする♪



        拘束時間と移動が多くなるので
        スポンスが悪くなりますが
        ご了承くださいm(._.)m

        短距離走の靴下にItoitexを履いたらタイムが縮まる!?

        2016.08.30 Tuesday

        0

          ここ最近トラック競技の選手から

          驚きの報告が届きます。

           

          100m競技の選手数名から

          Itoitex(イトイテックス)の靴下を

          履いて走ったら自己記録が縮まったと!!

           

           

          中にはコンマ5秒縮まった選手も!!!

           

           

          これが本当ならかなり凄い!!!

          短距離の選手で試してみたい方!!!

          ご連絡くださいm(__)m

           

           

          まだまだ数件のフィードバックなので

          偶然の可能性が大いに高いけど

          しっかり検証したいです!!

           

           

          熱い想いを持っていて

          使用感のレビューなど頂ける方には

          無償提供させて頂きます。

           

           

          下記項目明記してメール下さい!


          ・お名前

          ・お住まいの都道府県

          ・年齢

          ・性別

          ・競技種目

          ・自己記録

          ・直近の目標

          ・その他(質問事項や想いなどあれば)


           

          ■連絡先

          info@itoitex.co.jp

          雨のランにはこの靴下!!

          2016.08.29 Monday

          0

            スタート前やレース中の雨。

            マラソンや野外の競技をしている人は

            一度は体験したことあるはずです!!

             

             

            真夏や気温が高い日は

            気分的には気持ちいいけど

            足元が濡れてしまうと

            ロングレースの時は最悪なことに・・・。

             

             

            足が濡れた状態で長距離を走ると

            靴の中はずっと濡れたままなので

            足がふやけてしわが食い込んだり

            マメの原因となります!!

             

             

            こういった足のトラブルに悩んでいる人は

            是非一度Itoitex(イトイテックス)を履いてみて下さい!!!

             

             

            足のトラブルを最低限に抑えることに特化した靴下です!!

            トライアスロンにもItoitex!

            2016.08.28 Sunday

            0

              Itoitex(イトイテックス)の靴下は

              ユーザーの8割がランナーだけど

              トライアスリートのユーザーは

              まだまだ少ないのが現状。

               

               

               

              でも少しづつトライアスリートにも

              オススメの靴下と言われるようになりました。

               

               

              選手によってはスイムの時から

              靴下を履いて泳ぐ人も!!!

               

               

               

              もちろん事前にレギュレーション確認しないと

              失格になりかねないので注意ですが

              問題が無い場合はタイムロスが減らせるので

              かなり有効な使い方かと!!

               

               

              スイムランにも使えるから

              泳ぎ+ランには間違いなくいい!!!

               

               

              声を少しづつ集めてデータを取ろう!!

              壁にぶつかったら気分転換を!

              2016.08.27 Saturday

              0

                今日は経営者の大先輩の方と

                ランチミーティングの時間を頂きました♪

                 

                全く業界も違う方だけど

                経営者として人生の先輩として

                大尊敬している方と約4時間

                しっかりお話しさせて頂きました。

                 

                 

                 

                やっぱり違う業種の違う考え方の人と

                しっかり意見交換するのは大切!!!

                 

                 

                 

                凝り固まった頭を柔らかくして頂きましたm(._.)m

                 

                 

                スポーツの競技も同じ部分があると思います。

                 

                たまには違う競技の選手と話す事で

                意外な体の使い方がわかったり

                トレーニング方法が勉強できたりします。

                 

                 

                いつもと違うメンバーと練習する事で

                環境が変わり気分転換になり

                それだけでパフォーマンスが変わる事も!

                 

                 

                僕もバスケ現役の頃に野球の盗塁の仕方を見て

                重心移動のタイミングや相手との間合いに

                気づかされた事もあります。

                 

                一定のレベルで戦っていると

                違う何かから学び取れる

                目が備わってくるはず!!!

                 

                 

                今の競技に壁を感じていたり

                楽しさを見失ったら

                全く違う時間の過ごし方をして

                見つめ直すのも一つの手ですね♪

                食のこだわりは適度な適度にしませんか。

                2016.08.26 Friday

                0

                  最近タンパク質抜きダイエットや

                  低GI値の食事に気をつけたりと

                  いろんな色の健康法がありますが

                  極端に敏感な人が多い気がします。

                   

                   

                  コンビニ弁当は身体に悪い!

                  ファストフードは添加物だらけだ!

                  カット野菜は薬品漬け!

                   

                   

                  確かに事実の部分は多いけど

                  摂取量の問題じゃ無いかなと思います。

                   

                   

                   

                  避けられるのであれば避けたほうがいいのでしょうが

                  あまりにも神経質になりそれが絶対の正義かの様に

                  SNSで拡散するやり方には疑問を覚えます。

                   

                   

                   

                  身体に必須と言われているビタミンですら

                  取り過ぎたら身体に支障をきたすわけで・・・。

                   

                   

                   

                  あまりにも一方的かつ攻撃的な

                  食に対する考え方は正直見ていて怖いです。

                   

                   

                   

                  僕も基本的にはコンビニの食事は少ないですし

                  野菜は無農薬のものを極力選びますが

                  たまには普通にカップ麺も食べます。

                   

                   

                  食事は単に栄養を摂取するのではなく

                  心の充足感も満たすものだと思うので

                  たまに食べたいものを適量食べたほうが

                  心には良いと思ってます。

                   

                   

                   

                  極端な情報に左右されずに

                  しっかりと自分で判断できる

                  正確な知識を身につけたいものです。

                  販売店様レビューご紹介

                  2016.08.25 Thursday

                  0

                    Itoitexはスポーツ店だけではなく

                    足や身体の治療院でも多くお取り扱い頂いています。

                     

                     

                    そちらからもレビューを頂くことがあるのでご紹介。

                     

                     

                    まずは沖縄県のインソールの販売もされている

                    「やさしい整体さりげなく」という柔らかい院名の

                    嘉数先生がブログでご紹介頂きましたm(__)m


                    「何で、そんなに5本指のソックスにこだわってるのですか?」

                    と聞かれました。

                     

                    『手袋で、全部閉じてるのってないでしょ。鍋を持つ手袋ですら親指は独立してますよね』

                    っと切り出し、以下を解説しています。

                     

                     1 足裏の面積は全体表面積の数パーセントしかない。そこだけで身体を支えている。

                       その足裏で、力が入るのが足指なんです。

                     

                     2 5本の足指の中で、特に親指が大切。親指は「踏ん張る」「蹴る」という役割がある。

                       逆に考えて、踏ん張れず、蹴れなかったとしたら…(その歩き方を模倣します)

                     

                     3 小指は横方向のバランスを感知するセンサーです。これが機能しなかったら転びやすくなる。

                       スポーツで例えるなら、ハンドボール等の細かく素早いステップがある場合、小指が反応して

                       相手のフェイントに付いていきます。小指が薬指側に曲がっていると、反応が鈍ります。

                     

                     4 インソールの説明にも共通しますが、足裏に3つのアーチがあって、はじめて指は力が入ります。

                       アーチが潰れると、指は浮きます。5本指でない靴下なら、更に中央に寄せられてしまいます。

                     

                    こんな感じです。

                     

                    昨日、ブルーのItoitexを新調しました(封を開けて履いただけですが)。

                     

                    このソックス、和紙でできています。

                    だから吸湿性が半端ないですびっくり!! ムレないんですエイサー つまり、臭わないびっくりびっくり

                    繰り返します。『臭わないんですびっくりびっくりニコニコ

                     

                     

                    さぁ、まだまだ暑い沖縄/日本です。Itoitexを試してみてほしいです♪赤


                    5本指ソックスの必要性/Itoitex

                     

                     

                    Itoitexの選手サポート基準の考え方。

                    2016.08.24 Wednesday

                    0

                      先日知人がfecebookで武井壮さんの

                      コチラの生地をアップしており

                      内容を読むと激しく同意です!!!

                      ※出典:武井壮、「アスリートのスポンサーに対する甘い考え」に喝!

                      https://curazy.com/archives/147940

                       

                      ウチの会社は「マイナースポーツを応援します」と公言しているので

                      いろんな選手から「サポートしてください!」と連絡が来ます。

                       

                       

                      熱いメッセージや夢はしっかり書いてくれてるのですが

                      大会実績などは明記していない選手が多くこちらで調べます。

                       

                       

                      サポートするしないの基準は「名前と競技名」を検索して

                      上がってこない人はサポート出来ません!

                       

                       

                      それは大きな実績が無いからではなく

                      その選手が競技についての発信をしていないから

                      と判断するからです。

                       

                       

                      多くの選手は

                      「マイナー競技なので、アルバイトや仕事をしながら練習しないと

                      競技生活が続けられず、海外の大きな大会に出られない」と

                      資金的、環境的な壁にぶつかっています。

                       

                       

                      そこで企業のサポートを受けられれば

                      「資金提供もらえれば活動費になるし

                      物品提供受けられれば消耗品の負担が減る」と

                      考える選手が多いのでしょう。

                       

                       

                      この考えが武井壮さんの言う

                      「おこずかい」の考え方だと思います。

                       

                       

                      選手をサポートする企業の判断は

                      大きく2つあると思っています。

                       

                      1.経営者や上層部が純粋にその選手のファン

                      2.選手を広告塔とみた広告宣伝費の費用対効果

                       

                       

                      僕はこれからのアスリートには前者の

                      「いかに自分のファンを作ることが出来るか」

                      これが必要になってくるかと思います。

                       

                       

                      本気でその競技で食べて行きたいのであれば

                      その競技で仕事を生みお金を生む必要があります。

                       

                       

                      マイナーな競技は協会などの組織形態も不十分なので

                      人の繋がりから仕事が発生することがほとんどです。

                       

                       

                      そうなったときに関係者以外で

                      純粋に自分を応援してくれるファンが

                      何人いるかが大切です。

                       

                       

                      大会が行われるときに同じ競技の仲間以外で

                      何人のファンが応援に来てくれてますか?

                       

                       

                      野球やサッカーといったメジャーなスポーツでも

                      地方大会のベンチは寂しいものです。

                       

                       

                      メジャーなプロアスリートでも

                      引退後その競技に関わって

                      仕事をできている人は5%未満が現実です。

                       

                       

                       

                      地方大会で優勝して、県大会で優勝して

                      全国大会で優勝して、プロチームに選ばれて

                      一軍に選ばれて、日本代表に選ばれる。

                       

                       

                      そんなピラミッドの頂点の頂点まで上り詰めても

                      その競技引退後満足出来る環境で働けないことがざらです。

                       

                       

                      その反面大会実績は目立っていなくても

                      しっかりその競技に携わり輝かしい活躍を

                      している選手がいるのも事実です。

                       

                       

                      中には選手としても一流で

                      その後も指導者や解説者など引っ張りだこの

                      選手もいることも事実です。

                       

                       

                      この違いは圧倒的なカリスマ性があるか

                      努力を怠らなかった選手だと思います。

                       

                       

                      とくに後者の「努力」は練習に限ったことではありません。

                      自分のファンを付ける努力を怠らない選手です。

                       

                       

                       

                      「応援してください」という選手は多いですが

                      いつ、どこで、どの様に応援したらいいか全く

                      わからない投げかけがほとんどです・・・。

                       

                       

                      中には「〇月〇日何時に○○体育館で試合があるので

                      是非応援に来てください!」と具体的な場所を

                      しっかりいう選手もいます。

                       

                       

                      でもマイナー競技だとルールもわからないし

                      見どころもわからない!

                       

                       

                      大切なのは大会前に呼びかけるのではなくて

                      普段から自分の活動を発信し続けることです!

                       

                       

                      プロのスポーツではそれをメディアがしてくれています。

                       


                      この選手は○○大学出身で

                      実は大会前までケガをしていて

                      そのケガを克服しての試合。

                       

                      更に対戦相手の○○選手は

                      実は小学生の時からのライバルで

                      戦績は○勝○負。

                       

                      この試合に勝てば世界大会への

                      切符が確定します!!!


                      など。

                       

                       

                      でもマイナー競技は応援する側が一番知りたい

                      中間の情報がごっそり抜け落ちています。

                       

                      ひどい時には前情報(ルールや選手紹介など)も

                      全くない場合が多くあります・・・。

                       

                       

                      マイナースポーツに携わる選手は

                      そういった部分を自分でやらないといけません!

                       

                       

                      ルールやプレーの解説。

                      今の自分のコンディションや課題。

                      次回大会の価値や対戦相手の事。

                      競技の裏話などあっても面白いでしょう。

                       

                       

                       

                      ウチの様に小さい会社はそういった発信が

                      日常から出来ているかを確認します。

                       

                       

                      だから最初に書いたように

                      「名前と競技名」を入れて出てこない選手は

                      ブログやfacebookやインスタ等はしていないと判断し

                      本気でこの競技の事を考えていなくて

                      自分の競技人生だけしか考えていないんだなと

                      シビアな判断をしています。

                       

                       

                      メジャーなスポーツのプロ選手や芸能人ですら

                      ファンとの距離を近づける努力をしているのに

                      そうでない選手がその程度の努力も出来ないのであれば

                      サポートは出来ないです。

                       

                       

                      逆にそこがしっかりできている選手には全力でサポートしますし

                      他にもその選手をサポートしてくれるメーカーや企業がないか

                      働きかけたりもします。

                       

                       

                      なぜならその選手のいちファンであり

                      その選手を「サポート」したいからです。

                       

                       

                      世の中のアスリート諸君。

                      圧倒的な実力とカリスマ性を備えているなら

                      次の大会も圧倒的な結果を残せる努力をしましょう。

                      そうすれば自然とファンとサポートは集まるでしょう。

                       

                      そうではないと自覚する部分があるのであれば

                      自分という選手の価値を高める何かが必要になります。

                       

                       

                      その自分の価値をしっかり見極めて

                      発信していくことがファンやサポートを付ける

                      一番の近道だと思いますよ。

                       

                       

                      我こそは!!!

                      と思う選手はどしどしご連絡ください。

                       

                       

                      ちなみに今弊社でサポートしている選手で

                      そういった部分がしっかり出来ている選手です。

                       

                      一部ご紹介。

                       

                      トップバッターはこの選手!

                      トレイル、ロードランナーの

                      吉住友里選手

                      ※公式ブログ:「おちびのブログ」

                       

                      吉住選手は本当にプロです!!

                      カメラ向けたらポーズ撮るし

                      facebookの使い方もうまい!!!

                       

                      何よりも走ることが大好きなんだなと

                      伝わるくらいの笑顔の走り!!!

                       

                       

                      次はスラックラインライダー

                      福田恭巳選手

                      ※公式ブログ:http://profile.ameba.jp/ganba143/

                       

                      徐々にメジャーになりつつあるスラックライン。

                       

                      彼女はしっかりfacebookで自分の活動を発信しており

                      サポートして側も「毎日頑張ってるなぁ♪」と

                      活動を確認出来ます!

                       

                       

                       

                      人のお金で競技をするには責任が発生します。

                      ウチの場合はそれは結果ではなく「本気楽しむ」こと。

                      競技を本気で楽しむ事は本当に過酷です。

                      でも楽しむための工夫や努力をしている選手には

                      こちらも全力でサポートしていきます!!

                       

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>