福岡おすすめのランスポット:駕与丁(かよいちょう)公園

2015.11.18 Wednesday

0
    福岡でメジャーなランニングスポットは
    大濠公園!!


    でも
    ここは今更紹介する必要もないと思うので
    今回は僕がよく走る公園をご紹介♪



    僕は最近はココ
    駕与丁(かよいちょう)公園です!




    場所は
    糟屋郡粕屋町駕与丁3丁目2-1

    最寄駅は「長者原駅」で
    駅から徒歩10分といったところ。



    車の人は
    駐車場はいくつかあって
    オススメは下の写真の
    1番か4番かな!



    1番の駐車場は
    踏切手前にあり
    朝の8:30から
    夜の10:00まで無料で
    開放してあります♪





    4番は「かすやドーム」
    駐車場ですが
    平日は10:00〜22:00
    土日祝は9:00〜21:00まで
    ここも無料で開放してあります♪



    かすやドームは
    平日は10:00〜22:00
    土日祝は9:00〜21:00
    までシャワーが3分百円で
    使用できます!


    一周4.2kmと結構広いです!

    大濠公園が一周2kmなので
    倍以上ですね!!


    ただ
    中央にショートカットできる
    橋もあるので安心です♪



    今年の春先くらいだったか
    橋が沈没するという
    アクシデントもありましたが・・・。



    今ではちゃんと治ってます!!!



    駕与丁公園は
    ロードコンディションも良く
    大濠公園程人も多くないので
    走りやすいです♪

    また
    四季の変化に富んでいて
    中でも春の桜は絶景です!!



    夜走ると夜桜も最高です!!!




    普段大濠公園を走っている人も
    多いと思いますが
    たまには違う公園で走っても
    気分転換になって気持ちがいいですよ♪


     

    ランナーがItoitex(イトイテックス)を選ぶ理由

    2015.11.17 Tuesday

    0
      ランニングショップに行くと
      かなり豊富な種類の
      ランニングソックスが
      ある事に気づきます。



      大手メーカーはもちろん
      全く聞いたことのない
      ブランドもあります!



      そこで
      Itoitex(イトイテックス)の
      和紙の靴下の
      説明に入る前に

      お店に並んでいる
      靴下の特徴を
      見ていきたいと思います。



      最近の靴下の多くは
      下記特長が必ず売りとなっています。


      ・すべり止め加工
      ・サポーター機能
      ・コンプレッション機能
      ・アーチサポート効果



      それぞれどのような
      メリットデメリットがあるか
      解説していきます。


      まず
      「すべり止め加工」
      のメリットから。



      これはそのままの意味で
      靴の中で靴下がすべるのを
      抑える為です。

      すべり止めが付く事で
      しっかり踏ん張れるので
      力強く地面を蹴ることが出来ます!


      デメリットは
      靴下にゴムの凹凸が付くので
      マメが出来る人がいること。



      次は二番目の
      「サポーター機能」
      のメリット!



      これは
      筋肉の動きを考えて
      テーピングに近い効果が得られ
      足にケガや不安を抱える人に
      オススメです!

      デメリットは
      走るとずれてくるので
      期待した効果が
      得られない事や

      筋肉の動きと
      反する締め付けが加わり
      筋肉疲労に
      つながってしまいます。




      次は三番目の
      「コンプレッション機能」
      のメリット!



      サポーター効果と
      近いイメージですが

      どちらかというと
      筋肉のサポートではなく
      筋肉の無駄なブレを抑えて
      筋肉疲労の軽減が目的です。



      デメリットは
      締め付けの強弱が
      メーカーごとに全く違うので
      自分に合う商品を
      見つけるのに苦労します。


      付けてすぐと
      走り始めて一時間後では
      筋肉の収縮具合も違うので

      レーストータルを想定した
      足の状態を把握していないと
      ベストな商品を選べません。



      最後に
      「アーチサポート効果」ですが
      このメリットの前に
      アーチとは何か?
      からご説明します。

      アーチとは
      足の裏の土踏まずの
      わん曲している部分の事です。



      要は土踏まずのことですね!

      その土踏まずは
      長く走るとアーチが
      落ち込んできます。

      そうすると
      血液循環が悪くなり
      足の疲労感が大きくなります。

      また
      膝が内に入ってしまうので
      膝や足首や股関節といった
      関節を痛める事に繋がります。


      従って
      アーチサポートのメリットは
      この様な足の疲労の軽減や
      故障の予防にあります。


      しかし
      デメリットとしては
      オーダーメイドでない
      限り100%自分の足に
      あっているかは
      色々試してみないと
      わかりません。


      お店せで試し履きするから大丈夫?

      お店は「試し」履きであって
      実際に使うシーンとは全く異なります。


      直立不動で試してみたり
      歩いて見たり
      数メートルジョグしてみたり。


      公園やロード(公道)をしっかり
      走っている時と


      お店で「試し」履きするときは
      あまりにも環境が違うので
      練習で履いた時に
      違和感を感じるはずです。




      いかがでしょう。
      簡単に特徴をまとめてみましたが
      ここからは個人的な意見を
      述べさせて頂きます。




      本当に靴下に
      そんな機能必要ですか???



      「すべり止め加工」??
      靴の中で足が滑るのは
      そもそもシューズ選びが間違ってるか
      靴ひもの結び方がゆる過ぎます!



      あなたは自分の足の実寸わかりますか?
      実寸と今履いているシューズは
      何センチ誤差があるか知っていますか?

      だいたいの人は1.0cmから
      ひどい人は2.0cmも
      大きいシューズを履いています。



      シューズを買って靴ひもを
      締めなおしたことはありますか?

      靴紐の結び方の種類を
      いくつ知っていますか?

      シューズを買ってひもを
      結びなおしたことが無い人も多いはず。

      靴紐の結び方は10種類以上あり
      ほどけにくい結び方から
      足の甲が高い人向けの結び方
      つま先を痛めやすい人の結び方など
      非常に多くの結び方があります。
      ※靴紐の結び方は後日まとめて
      ブログに掲載します!



      すべり止め加工の靴下を履くと
      マメが出来る人も多いです!

      シューズをしっかり選び
      結び方を勉強して
      わざわざマメが出来る
      リスクは避けましょう!!


      「サポーター機能」??
      「コンプレッション機能」??


      サブ3〜サブ6とペースは様々ですが
      どのペースでも足がつったりケガに悩む人もいれば
      ケガせず走れる人もいます。
      ※サブ〇の意味がわからない人は
      コチラ↓のブログで解説してますm(__)m
      「サブ〇、キロ〇分とは?
      走力説明とペース配分一覧」




      ではケガせず走れる人と
      ケガする人の違いは
      何だと思いますか。


      それは
      十中八九フォームが悪いです!!!


      重心が傾いていたり
      地面を蹴りすぎていたり
      力が入りすぎていたり。


      自分のランニングフォームを
      見たことありますか?

      見たことが無くて
      ケガに悩まされてる人は
      一度必ず撮影してみて下さい!!


      スマホがあれば
      キレイに撮影できます!

      友人にお願いしたり
      一人で走る人は
      アングルを決めて
      正面からと真後ろからと左右から
      四方向から撮影してください。


      そしてケガをしない走りを
      している人と比べてみて下さい。

      Youtubeでもいくらでも
      フォーム解説の動画はあります!



      アイテムに頼って
      ケガや痛みをカバーしても
      根本的な解決にはなってません。

      しっかり研究して
      ケガの予防をしましょう!!



      最後!
      「アーチサポート機能」??

      つちふまずのアーチが
      落ちる人の多くは
      足指の動きが悪いです!


      足指はしっかり
      グー




      チョキ



      パー



      できますか??


      これが出来る人と出来ない人では
      レース後半での足の疲労が全く違いますし
      関節の故障も格段に変わります!


      だまされたと思って
      足指を色々動かしてみて下さい。


      グーチョキパー出来ない人は
      足の指が固まっているので
      足の指と指の間に
      手の指の付け根を差し入れて



      足の甲の方と
      土踏まずの方に
      足の指を動かす
      ストレッチをしてください!


      テレビを見ながらで充分です♪


      そうすることで
      足の指が広がり
      指がしっかり
      動くようになります!



      今回上げた靴下の特徴は
      全て自分で解決できます!



      モノに頼っていると
      根本の解決に至ってないので
      タイムは間違いなく頭打ちになります!



      僕が靴下に必要だと思う機能は
      ただ一つ!!

      「マメが出来にくい」ことです!


      なぜなら
      マメが出来ると
      足の痛みから
      マメが出来た足をかばう
      ゆがんだフォームになるから!!


      そしてその結果
      関節に負担がかかり
      大きな故障の原因となります。


      残念ながら「マメが出来にくい」と
      うたっている靴下はほぼ見かけないです!

      そこをうたっても
      マメは出来てしまうから・・・。


      ではなぜマメが出来るのか!?
      中にはマメが出来にくいと
      うたっている靴下もあるにはあります。

      ただそれは五本指だから
      マメが出来にくいのであって
      他の五本指靴下と比較した際には
      違いが出ないので
      「マメが出来にくい」と
      うたえないのです!


      大前提としてランニングの靴下は
      五本指であるべきです!!!
      ※この理由はコチラ↓でご紹介しました。
      「五本指靴下が選ばれる理由とオススメの理由」
      iPhoneImage.png


      しかし
      先程も言いましたが
      五本指の靴下どうしを比べると
      マメのできやすさは変わりません。


      ではどうしたらマメが出来にくくなるのか!


      それは
      「足が蒸れていないこと」
      です!!

      足が「蒸れる」と言うのは
      「濡れる」とも言い換えられます。


      人は足の裏から多くの汗をかきます。

      ランニングでは雨が降ったり
      給水の時にシューズに
      水がかかったりと
      足が「濡れる」シーンは
      いくらでもあります。


      この足が「濡れた」状態が続くと
      足がふやけてしまいます!


      一つの事実をご紹介します。



      昨年の夏に分水嶺トレイルという
      トレイルラン(山岳マラソン)の
      大会がありました。

      その日は終日雨で選手の足元は常に
      ぐちょぐちょな状態。


      この状態で選手たちは
      120km走り続けました。

      雨の中120kmという距離を走り終えた
      選手の足の裏は
      どうなっていると思いますか?




      こうなっています↓!!!





      痛々しいですよね・・・。
      足がふやけて
      ふやけたしわは足に食い込み
      激痛が走ります!

      更にひどい人は
      靴下を脱ぐときに
      足の皮膚が持っていかれる人も・・・。



      この状態が
      靴下一つ変えるだけで
      解消されるとしたら
      どう思いますか?



      そもそも
      靴下一つ代えるだけで
      この現実が変わると思いますか!?





      変わるんです↓!!!





      まったく同じ環境で
      まったく同じ距離を
      靴下一つ変えるだけで
      こんなにも足のダメージから
      解放されるんです!


      ちなみにこの様な
      足のダメージの悩みは
      トレイルランナーや
      ウルトラランナーでは
      あるあるの悩みの種でした。

      ですので
      たまたまさっきの人が
      特別足が弱いわけではありません!!


      むしろ
      120kmという超人的な距離を
      走り切れるだけの足を持っていながらも
      ああなってしまうのです!




      もちろん42.195kmのフルマラソンで
      あそこまでの足にはそうそうなりません!


      ただ僕が言いたいのは
      120kmという距離で
      比較してあそこまで
      ダメージの違いが
      著しく出るのです!!


      これをフルマラソンに
      置き換えても
      足のダメージが小さくなることは
      間違いないです!!


      では
      肝心のどんな靴下を履いたら
      あそこまで足のダメージを回避できるのか!?



      それが
      Itoitex(イトイテックス)
      靴下です。



      Itoitexの靴下は
      素材に和紙を使用しており
      その和紙の特徴でもある速乾性が
      足の蒸れ(濡れ)を
      大きく軽減します!


      和紙はなぜ速乾性が高いのか?

      和紙に限らず天然の繊維は
      一本一本の繊維の中に
      目に見えない小さな穴が
      無数に空いています。


      この無数の穴は
      空気を含んでおり
      繊維は濡れた時
      空気に触れる面積が大きいほど
      乾きやすいので
      繊維が詰まった化学繊維とは違い
      速乾性が高くなるのです。



      靴下の内側
      肌にあたる部分は
      和紙独特のざらざら感があり
      いっけん履き心地が悪そうで
      むしろ逆にマメが出来るのでは!?
      と思う人も少なくありません。


      ただ
      不思議と履くとこの違和感は
      全く感じられません。

      また
      よく聞かれる質問は耐久性です。


      洗えることはもちろんですが
      耐久性も綿(コットン)素材の
      約三倍の耐久性があります!


      Itoitexが使用している和紙の素材は
      「マニラ麻」という
      植物の繊維を使用しています。


      マニラ麻はそもそも
      港でボートや船を固定する
      ロープに使われています。


      あんなに重たい乗り物を
      塩水がかかり
      船が波で動く際に発生する
      摩擦にも耐えうる植物の繊維が
      「マニラ麻」なのです。

      そのような過酷な環境でも
      使われている素材ですので
      強度も間違いないです!!


      また
      普通の靴下よりも薄いので
      破れないか心配されますが
      足の爪をちゃんと切っていれば
      問題ありません♪



      それでも
      Itoitexを使ってマメが出来たり
      靴下がすぐに破れる人の多くは
      「走り方」に問題がある事が
      ほとんどです!



      もちろん例外もあります。



      Itoitexを履いても
      フォームを正しても
      靴選びをしっかりやっても
      どうしてもマメが出来る方は連絡ください!!


      真剣に取り組んでいるランナーの為ならば
      僕も徹底的に問題解決の力になります!!!

      世界で戦うトップアスリートに必要なコトと心構え

      2015.11.16 Monday

      0
        今日は急遽大阪出張へ!

        と言うのも
        100kmマラソン元世界チャンピオンである
        宮里康和さんにお会い出来る時間を
        頂いたのです!!!



        宮里さんは
        IAU100kmワールドカップ2009で
        6時間40分43秒という記録で走破し
        栄冠を手にしました。

        橋下知事にも
        「大阪の誇り」と言わしめ
        表彰の色紙を受け取っています!



        宮里さんは現在
        ランニングクリニックや
        講演会をおこなっており

        一流ランナーの
        パーソナルトレーニングも
        おこなってます。



        なんとそんな
        華々しい活躍をされている
        宮里さんがItoitexの靴下を
        履いて頂いてるとのこと!!

        これは挨拶しに行かねば!!

        ということで急遽チケットを
        取って大阪にきたのです♪



        宮里さんのお話を色々と
        聞かせて頂く中で
        重要な事は
        起きたことの「根本(原因)」
        にあると感じました。



        どういう事か?

        わかりやすい例でいくと
        右ヒザを故障したとします。



        すると多くの人は
        「右ヒザを痛めたので治して欲しい」
        と言います。

        わかりましたと
        この方の治療を行うのもいいのですが
        宮里さんは
        「なぜ右ヒザを壊したのか」という
        根本を考えます。

        すると考えられるのは
        「右ヒザを酷使するから」
                        ↓
        「左足の使い方を変えたら
        右足の負担が減るのでは」
        という原因に行き着き
                        ↓
        「左足だけでなく体全体の
        使い方を変えると
        よりパフォーマンスを向上できるのでは」
        とさらに一歩踏み込んだ
        考えに行き着きます。


        必要なのは
        右ヒザをただ治すのではなく
        左足をもっと使えるようにしたら
        右足の負担が減り
        ヒザへの負担も減らせるのでは

        更に
        足だけでなく下半身や上半身
        体全体の使い方を変えると
        足の負担を大きく減らし
        より高いパフォーマンスが
        発揮できるのでは?


        という考え方です。

        もちろん右ヒザもしっかり治しますが
        本当に必要なのはバランスの良い
        身体の使い方なのです!

        そしてそれを選手に
        理解してもらう事。


        選手の立場に立ち
        どうしたらその選手が
        より高いパフォーマンスを
        発揮できるか

        そこまで考えてケアをしてくれる
        トレーナーは意外と少ないです。

        トップアスリートをケアする
        トレーナーはさすがですね!!



        アスリートにとって
        ケガは選手生命にかかわる
        非常にシビアな問題です。




        ですので
        ケガをしない身体づくり
        アスリートには求められます!


        もちろん職業病などで
        仕方がないケガもありますが
        大きなケガをする事なく
        トップで活躍し続ける選手も
        現実にはいます。



        僕が尊敬してやまない
        イチロー選手もそうです!


        では
        この人たちの身体の作りが
        特別なのでしょうか?


        そんなことはありません。

        同じ人間なので
        特別大きな違いはありません。



        多くの選手はケガや体力
        メンタル的な要素で引退していきます。

        しかし中には
        引退の平均的な年齢をはるかに超えて
        活躍し続ける選手がいます。

        こういった選手は総じて
        大きなケガをせず
        肉体的にもメンタル的にも
        非常に強いものを持っています!



        プロの世界や
        世界を舞台に闘う選手は
        安定して試合に出続けられる事が
        非常に重要なのです!


        ケガをして試合から遠ざかると
        身体の筋肉は衰え
        勝負勘は鈍ります。


        身体は元に戻す事が出来ても
        勝負勘を取り戻すには
        かなりシビアな現実が待ち受けます。



        なぜなら
        彼らが闘う世界は
        コンマ何秒
        ミリ単位

        大きく結果が分かれる
        世界だからです。


        そういう環境に身を置く選手は
        ケガをしない身体作りの
        大切さを熟知しており
        その方法も常に研究しています。

        そう!

        現在知っている知識で
        留まることをしないのです!

        だからこそ
        世界で活躍し続けられるのです!


        これから世界で闘う環境に身を置く人や
        そこを目指す選手は
        「勤勉である事」が活躍し続けられる
        絶対条件なのです。



        これはスポーツに限らず
        ビジネスにおいても同様です。



        偉そうに語っている僕は
        世界で闘った経験は無いです。

        しかし
        ウチの製品を身につけ
        世界に挑む選手が現実に多くいます。


        だから僕も
        世界で闘う選手に負けない
        知識をつけなければ
        そういった選手の
        期待を裏切ってしまう事になりまし
        話しすら出来ません!



        世界で戦い続ける選手に
        うなるような情報と製品を
        提供し続ける事が
        僕とItoitexの使命だからです。



        幸い僕の周りには
        世界のトップで戦い続けた諸先輩方や
        今も世界で戦っている選手や
        これから世界に羽ばたく選手が
        多くいます。


        それぞれが単体で動くのではなく
        一つのチームとして機能すれば
        爆発的な可能性を秘めていると
        確信しています!

        一つのチームとして機能させるには
        関わるメンバーが同様の知識力と
        行動力と影響力を持っていないと
        歯車が噛み合いません。


        その歯車を回すのが
        僕とItoitexの使命ならば
        いくら勉強しても
        勉強し足りないくらいです。



        東京オリンピックまでには
        Itoitexというブランドを
        アスリートの常識にまで
        成長させてみせます!!

        晴天のマラソンにおける日差しの危険性と対策

        2015.11.15 Sunday

        0
          11/14(土)、15(日)と
          大分県の国東半島で行われた
          「とみくじマラソン」
          ブース出展してきました。



          大会前日の14日は
          お昼過ぎから終日雨でしたが
          当日の15日は晴天に!

          前日の予報では
          雨のち曇りでしたが
          終日日差しが
          さえぎられることのない
          晴天過ぎる天気!!!
          ※奥に雲は見えども
           こちらに流れてこず・・

          気温も22度と温かく
          日差しを浴びていると
          真夏の様な暑さ・・・。




          そういえば先週の
          11/8に行われた福岡マラソンも
          前日の夕方は雨。



          当日も雨の予報でしたが
          雲一つない晴天になり
          最高気温は27.9度という
          猛暑になりました!

          冬場なので寒さ対策を
          していた人たちはみな
          まさかの晴天で
          熱さとの闘いを強いられる事に・・・。



          この時期のマラソン大会では
          あまり心配しなくていい
          脱水症状や熱中症に襲われた人も
          多くいた様です。



          これから気温はどんどん下がるので
          心配ないかと思いますが
          念のため暑さ対策の知恵を
          お教えしておきますm(__)m




          まずは「水分補給」

          これは暑い日だけじゃなく
          寒い日も必須です!

          水分とミネラルが不足すると
          足もつりやすくなるので
          小まめに水分補給してください!!
          ※足のつる対策は
          こちら↓のブログで詳しく解説しています。
          「マラソンの時に足がつる!
          フォームと重心の使い方で対策」




          暑さ対策の二番目は
          身体を効率的に冷やす
          方法を知る事
          です!

          わきの下や首周り
          大きな血管が通っているので
          暑さが気になったら
          わきの下と首筋を冷やしましょう。


          ただ注意として
          冷たい水を足回りにかけないこと!


          走り込んでるサブ3レベルの
          ランナーは大丈夫ですが

          サブ5前後のランナーが
          これをすると足の筋肉が
          急に冷やされ収縮し
          足がつる原因にもなります!

          ※サブ〇等の説明は
          こちら↓のブログで詳しく解説してます。
          「サブ〇、キロ〇分とは?
          走力説明とペース配分早見表」





          暑さ対策最後の三番目は
          直射日光をいかに
          シャットアウトするか!


          まずは帽子は必須です!
          とくに僕の様なこんな↓短髪の方!!




          帽子無しで炎天下を走ると
          頭が本当にやけどしますし
          熱中症に非常になりやすいです!!


          また
          サブ5前後のランナーの方は
          帽子は首筋まであるこのような↓
          帽子がオススメです!



          なぜなら
          首の後ろから背骨にかけて
          人体の重要な
          多くの神経が通っています。



          首の裏を直射日光で
          長時間照らされると
          意識はぼ〜っとしてしまい
          体力も一気に削られます!



          「箱根駅伝や実業団の選手で
          そんな帽子をかぶってる人を
          見たことが無い?」



          当たり前です!!

          あの人たちはフルマラソンを
          2時間台で駆け抜けるので
          直射日光に照らされる時間も
          極端に短いからです。


          それに給水所ではしっかり
          首筋や重要な箇所を冷やし
          予防策をしっかりとってます!!



          それに対し
          サブ5前後のランナーの方々は
          直射日光に照らされる時間も
          その分長くなります。

          これからの時期は
          そこまで心配しなくても
          大丈夫ですが

          万が一予想外の晴天になり
          日差しが強い時は
          タオルなどを首に巻き
          首筋を守ってください!



          予想外の天気や環境に出くわした際に
          知識としてしっているだけで
          心の余裕が全然違います。

          マラソンは
          自分の身体と対話しながら
          走り続けるスポーツです。

          身体に起こる細かい変化は
          身体からのサインですので
          敏感に察知して早め早めに
          対応していきましょう!



          そうすることで
          トラブルのない
          走りが出来るはずです!

          五本指靴下が選ばれる理由とオススメの理由

          2015.11.14 Saturday

          0
            最近マラソン大会に
            毎週末ブース出展してるのですが
            よく聞かれる事が
            「五本指の靴下の方がいいの?」
            です。



            ウチの靴下は五本指が売りだから
            よく聞かれるのです!


            ここ最近ランナーの
            五本指派は断然多くなりました!

            一時期は五本指は物珍しかったですが
            大会後の懇親会などでは
            6~7割の人が五本指になっています。


            実際に色んなスポーツブランドの
            店員さんに話を聞くとやはり
            6~7割の人が五本指を購入されるとか!



            先日とあるテレビ番組でも
            プロ野球選手が
            靴下を五本指に変えてから
            調子が上がった」
            とも言われていました。



            なぜスポーツ選手は
            五本指を選ぶのか?

            五本指の靴下を履くことで
            得られるメリットを
            上げていきたいと思います♪


            1. 地面をしっかりと噛む事が出来る。

            ランニングは地面を足で蹴る事で
            前に進みます。



            特に地面から足が離れる際に
            最後に地面に接しているのは
            つま先(足指)です!



            五本指になると指と指が
            独立しているので
            非常に力を入れやすく
            しっかり地面を噛む事が出来ます。

            五本指でしっかり地面を
            噛む事ができれば
            前に進む推進力も大きくなります。



            2.足の疲労の軽減

            普通の靴下だと
            指と指が圧迫され
            血流の流れが
            悪くなるのに対し

            五本指になると
            指が独立しているので
            血流の流れが
            良くなります。

            その結果
            酸素もしっかり
            足先まで行き渡る為
            足の乳酸のたまり具合も
            少なくて済みます!



            3.マメが出来にくい

            マメは足がむれている時に
            指と指がすれ合う摩擦で
            マメが出来てしまいます。

            五本指になると
            指と指が直に接する事がないので
            摩擦も起きにくく

            指の間の汗も
            生地が吸い取るので
            ムレも少なくなり
            結果
            マメが出来にくくなります!



            でも
            「五本指は履きにくいから」とか
            「見た目がカッコ悪いから」など
            いろいろ理由をつけて
            履かない人がいます!!!



            まずは履いてみてください!!

            せっかく毎日練習して
            大会に備えても

            マメ一つで
            棄権せざるを得無くなる
            場合もあります!



            なんとか完走できても
            マメができることで
            次回レースへの調整が
            遅れることもあります。


            本当にランを楽しみたい方は
            履きにくさや見た目のイメージは
            横に置いて試してみてください!


            数回履けば慣れて
            履きにくさも感じません。

            五本指履いていない人に
            「五本指なんだ?」と
            聞かれても
            「ランしてるからね」の
            一言で一蹴出来ます。

            むしろ五本指履くことが多数派の今
            履いてない人には
            「え?まだ五本指はじゃないんだ?」と
            言ってあげましょう!!


            一度五本指を履いた人の多くは
            五本指じゃないとイヤだ!
            という人が多くいます。



            しかし
            中には試したけど
            「指と指の間に布が挟まる感じが
            好きになれない」と
            いう人もいます。


            それは
            履いているソックスの生地が分厚いから!


            スポーツソックスの多くは
            クッション性を考え
            集めに作られてますが

            クッション性は
            自分のヒザや股関節のクッションと
            シューズの靴底で十分です!


            指に生地が挟まる感覚がイヤなら
            Itoitexの五本指靴下を履いてから
            言ってください!!


            ウチの靴下は
            他のメーカーの靴下よりも
            かなり薄く作ってます。

            もちろん耐久性は問題なし!
            綿の約3倍の強度があります!


            せっかくランを楽しむ為に練習して
            大会に出るのなら
            靴下まで研究してみてください♪

            靴下一つで変わる世界があります!

            初心者にオススメ、リレーマラソンの魅力と楽しみ方

            2015.11.13 Friday

            0
              今日の福岡は
              終日小雨でしたが
              全てランで
              移動してみました!


              一日総移動距離約20km
              思ったより距離走れてよかった♪

              最近練習不足だったので・・・。



              なんで雨の中わざわざランで
              移動したか???



              それは

              一昨日通勤途中で見事に
              自転車で自爆したから!!!


              いつも通りの道を
              いつも通りのスピードで
              いつも通りのラインどり。

              ふと前を見るとフェンスがあって
              ブレーキも間に合わず
              回避も出来ず
              なかなかの勢いで
              がっしゃんこ!!!!


              クロモリのフレームは凹み・・・


              前輪はパンクして・・・


              チェーンは外れて・・・



              ポーチは壊れる・・・・



              人を傷つけなかっただけ
              よしとしよう!!!


              もちろん自分は
              ケガしましたけどね〜♪

              ヒジとヒザをすりむいて
              手首は骨にヒビが入った(泣)


              自転車は故障しちゃったから
              知り合いの整骨院が近かったので
              敷地内に停めさせてもらい
              そこから職場まで走っていきました!!


              ヒザすりむいてたけど
              走ってるときは痛くなかった♪

              落ち着いたらいたくなったけど・・・。




              そんなこんなで
              一昨日から自転車がないので
              ランで移動してます!!!



              ここ三日間ランで走ってると
              三日とも一日約20kmは走れてる♪



              間あいだで
              打合せとかしてるから
              5km毎に休憩入れてる感じが
              一人リレーマラソンみたい(笑)



              そういえば
              今年の秋に初めて出たリレーマラソンは
              同じチームの人たちがキロ4.5分で
              走るサブ3.5集団だったから

              足を引っ張ってはいけないと
              自己最速で走ってみたけど
              キロ5.5分が限界だったなぁ・・・

              ※キロ〇分、サブ〇に関しては
              こちら↓で詳しく解説してます。
              「サブ〇、キロ〇分とは?
              走力説明とペース配分早見表」






              普段遅いペースで
              長い距離を走る(LSD)

              練習しかしてなかったから

              短い距離を早く走る大変さを
              その時初めて知りました・・・。


              当時はキロ6.5分が
              精いっぱいだったけど

              ようやく最近10kmくらいまでなら
              キロ5.5分で
              走れるようになりました!


              目標は年内サブ4.5
              ハーフを二時間切りです!!!




              今までフルの大会しか
              調べてなかったけど
              リレーマラソンの大会も
              いっぱいあるんですね!!!


              リレーマラソンは
              初心者の人がマラソンの
              楽しみを体感するのには
              もってこいの大会♪



              リレーマラソンの魅力は
              大きくわけて四つかな!

              |擦さ離を無理なく走れる!

              だいたい一周2〜3kmを5〜10人で走るので
              ハーフだと5人のチームでも一人2週(4km)
              フルでも一人4週(8km)

              しかも一周ごとに5人で
              タスキを回していくので
              間でしっかり休憩できて
              無理なく走れる♪



              ⊆分の限界を超えて走れる!

              個人で参加するマラソンと違って
              チームで参加すると
              「足を引っ張らないように」と
              意識が働くのでだいたい
              普段のペースより早くなります!

              その結果今まで走った事のないタイムで
              走れることも♪



              「チーム」で走る楽しさ

              同じTシャツや同じコスチュームで
              走ると一体感が高まります!

              ゴールした時の楽しさは
              個人のレースとはまた違った
              達成感ですよ♪

              ※同じ頭だとよりいっそう!!!


              げ饐譴離屐璽垢魍擇靴瓩

              リレーマラソンはお祭りに近いので
              色んなブランドのブースが出展されてます。

              新商品のスポーツドリンクや
              普段見かけないスポーツブランドも
              出店しているので
              思わぬお気に入りのブランドが出来るかも♪





              普段ストイックに大会に参加している人も
              ラン仲間とリレーマラソンを走ってみると
              新しい気づきが得られるかも♪


              周りの走っている人に声を掛けたり
              これから走り始めたい人たちを
              集めてみんなで参加してみるのもいいですね♪
              ピンク軍団は僕も所属しているチーム♪

              一からチームを作ると
              達成感も倍増するはず!!

              トレイルラン初心者のシューズ選びと、マナーの勉強

              2015.11.12 Thursday

              0
                先月久しぶりに
                山に登りました♪

                登ったのは福岡県の
                大宰府にある宝満山!

                標高は830mと
                たいしたことはないけど

                ず〜〜〜っと
                石段なんだね・・・。



                なかなかきつかったけど
                頂上に着いたら
                疲れはふ吹き飛びました♪



                田舎育ちという事もあって
                山や川と言った自然は
                もともと大好き♪


                こんなに気持ちいいなら
                たまに山も登ってみよう♪



                いや!!



                せっかく普段走ってるなら
                トレイルランを始めよう!!!
                ※トレイルラン=山岳マラソン


                トレランに必要なものを
                調べて見ると
                基本的な装備は
                ロードランで使ってるもので
                カバーできた♪


                でも
                シューズだけは
                普通のランニングシューズだと
                すべりやすいし
                足を守るという意味では
                心もとない・・・。


                と言う事で
                トレラン用のシューズを
                調達しにトレラン専門店へ!!



                今回お邪魔したのはこちら
                「SKY TRAIL」さん♪



                うちのくつ下も取り扱って
                頂いてます♪♪



                九州のスポーツショップで
                うちのくつ下の取扱いは
                現在ここだけですので
                実物を見たい方は
                是非SKY TRAILさんへ
                足を運んでください!




                さて
                今回SKY TRAILさんに伺ったのは
                うちのくつ下を取り扱って
                頂いているからという義理ではなく

                店主の椎山さんが
                九州トレイルランニング協会の理事も務め
                現役バリバリのトレイルランナーだから!



                トレイルラン専門店には
                普通のスポーツ用品量販店にはない
                より専門性の高いアイテムが多いのも
                魅力の一つ♪



                ザックもトレランのばっかり♪



                豊富な経験と知識をもとに
                自分のレベルにあった
                アイテム選びの適切な
                アドバイスをして頂けます♪


                実際に使っている人の声が
                一番説得力ありますもんね♪




                さて今回僕が購入した靴はこちら♪


                RaidLightというフランスの
                トレイル専門ブランドです。

                ライドライトではないですよ!
                「レードライト」です!

                そちらのTeam R-Light0004というモデル。


                この靴をお勧めしてもらうまで
                知らなかったけど
                僕の足は横幅が狭いらしい!

                今まで横幅はあまり気にしてなかったからか
                この靴はフィット感が凄く高い!!



                ロードランとトレランのシューズは
                色々違う!


                まずは靴底。

                石や木を踏んだ時に
                足の裏へのダメージが
                少なくなるように
                厚めに作ってあります!


                それプラス
                山道は雨が降ると異常にすべるので
                すべり止めもしっかりしてる!


                不安定な足場でも足を保護するために
                踵のホールドや全体的なフィット感も高い!


                なによりも違うと感じたのが
                雨や水にたいする耐水性の部分。

                ロードランのシューズはメッシュで
                非常に通気性が高いけど
                トレランのシューズは水が入りにくいように
                生地の密度がすごく高い!!


                アスファルトと違って
                足場が沼地に近くなったり
                みずたまりもすぐできるから
                中への水の浸入には
                かなり強固になっている!



                他にも
                ロードランよりもトレランシューズの方が
                ワンサイズ大きいものがいいとか。

                下りになると傾斜がきつかったり
                すべったりで足先にかかる体重が
                ロードよりもはるかに大きいから!

                足先に少し余裕がないと
                指先を痛めたり
                最悪爪が割れる事も!!!




                でもロードランとの大きな共通点は
                上級者向けは薄くて軽いということ!

                しっかり足が出来上がって
                体力と経験を積むと
                無駄な装備は必要ないんだなぁ。



                僕はまだまだビギナーなので
                くつ底もフィット感もしっかり
                安定しているやつ♪

                来週トレランデビューの予定なので
                早くこれを履いて走りたい!!!



                シューズを買ったけどトレランデビューの
                準備はまだ半分!

                残りの半分はトレランのルールとマナーを
                しっかり学んでいかないと!



                トレランのルールとマナーは
                大きく分けて二つ!

                一つは「自然保護に関するルール」

                植物や木の根を痛めないように
                ストックを使用するときは
                キャップを付ける!


                自然保護の観点から
                コースを外れたショートカット等をして
                不必要に植物にダメージを与えない!



                そして
                二つ目は「一般利用者や
                他のランナーへの配慮に関するルール」


                基本は登山者が優先で
                すれ違う時や道をゆずってくれたら
                必ずあいさつをする!


                ケガをしている人や
                体調不良の人を見かけたら
                救助を優先する!


                どれも当たり前のことだけど
                意識してるかしてないかで
                行動に伴うかが大きく違ってくる。


                トレイルランナー初心者としては
                今までの先輩方が培った努力を
                無駄にしないように!

                これからのトレイルランの
                競技化拡大のために
                しっかりとルールを勉強して
                守っていきます!!


                このページ↓
                「Mountain Martial Arts」
                凄くわかりやすい!!!

                しっかり読み込んで
                来週に備えよう♪

                マラソンの時足がつる!フォームと重心の使い方で対策

                2015.11.11 Wednesday

                0
                  11/8(日)に行われた
                  福岡マラソンは
                  雨の予報がなんと
                  最高気温27度の
                  この時期には
                  異常な暑さの晴天に!!

                  後半のランナーは
                  吸水所の水が
                  足らなくなるという
                  大ハプニングに
                  見舞われた様です・・・。



                  こんなにも厚くなると脱水症状が
                  怖いですよね・・・。


                  そしてもう一つ
                  ランナーを悩ませるのが
                  足が「つる」こと!



                  初めて足がつったときは
                  筋肉がちぎれたかと思う程の
                  痛みでした!!!


                  この痛みがランナーを
                  レース中に襲います!!



                  そもそも足がつるのは
                  なんででしょうか?

                  原因としては大きく3つ。

                  1.筋力不足かハードな
                  トレーニングによる
                  筋肉疲労


                  2.水分とミネラル(電解質)不足

                  3.急激な体温の低下



                  3に関しては
                  昨日のブログ
                  寒さ対策を書いたので
                  読んでみて下さいm(__)m



                  まずは
                  1番目の「筋肉疲労」から。

                  筋力不足は
                  まだ足が出来上がってないのに
                  無理なペースや無理な距離を
                  走ってしまっている証拠です。

                  あまり運動していなかった人が
                  マラソンを始めて頑張りすぎると
                  良くなりがちです・・・。


                  まずは、自分のペースで
                  無理のない距離を走るように
                  心がけましょう♪


                  逆にハードトレーニングの場合は
                  筋肉に乳酸が溜まり過ぎてます!

                  筋肉に酸素が
                  行き渡っていないのが
                  原因の一つですので
                  しっかりストレッチと
                  マッサージをして
                  身体を温め血流を
                  良くしましょう♪


                  あまりにも頻繁に
                  つってしまう場合は
                  整骨院や針治療も
                  検討しましょう。


                  次は2番目の
                  水分とミネラル(電解質)不足。

                  よくありがちなのが
                  走ることに集中しすぎたり
                  ランナーズハイになっている時に
                  吸水を忘れてしまう事!


                  口から水分を取り込んで
                  身体に行き渡るのは数十分
                  かかってしまします!

                  のどが渇いてからでは遅いので
                  小まめに吸水するように心がけましょう!


                  中には朝起きて準備して
                  大会会場で知り合いに会い
                  話し込んでたら
                  スタートの時間になり
                  水を口にしないまま
                  スタートを切ってしまう人も!!


                  これは非常に危険なので
                  ペットボトルは必ず携帯して
                  のどが渇いて無くても
                  口に水を含ませるくらいは
                  しておきましょう!!




                  では
                  レース中に足がつってしまったら
                  どうするか?


                  まず
                  足をつる前に体が警告を発します!

                  筋肉がこわばってきたり
                  ぴくぴくと軽い痙攣が起きたり。


                  こうなったらまずは
                  ペースを落として様子を見ます。

                  こわばりや痙攣が収まる様だったら
                  少しづつペースを戻していきましょう!


                  無理して足がつってしまうよりは
                  ペースを落として対処した方が
                  タイムロスは少ないですよ♪


                  それでもつってしまった場合は
                  まずは他のランナーの
                  邪魔にならないように
                  端に移動します。

                  その後
                  足の裏とアキレス腱を伸ばして
                  足の緊張をほぐしていきましょう!



                  それでも頻繁につってしまったり
                  痛みが増すようだったら
                  無理せずに棄権してください!!

                  変に無理して肉離れ等になってしまうと
                  回復までにかなりの時間を要します!

                  悔しいでしょうが
                  次回のレースに繋げるためにも
                  棄権するのも大切な判断です!



                  web上で「つる」悩みを調べると
                  だいたいハーフを超えたくらいから
                  足がつる人が多く
                  その対処法を求めてますね!

                  対処法としては
                  サポーターやテーピング
                  コンプレッション機能のタイツを
                  お勧めしてあったり。



                  でもちょっと待って!

                  そもそも人間の足の筋肉は
                  20kmも使えば限界が訪れるのは
                  どのランナーも同じなんです!

                  それなのに
                  つらない人もいるわけで。

                  そこで
                  「何でこの人はつらないんだろ?」
                  考えてみましたか?



                  テーピングやタイツなどの
                  モノに頼るのは選択肢の一つで
                  解決策にはなってませんよ!?



                  足がつる人の多くは
                  ふくらはぎで地面を蹴ってます。



                  ランニングで重要なのは
                  いかにエネルギー効率を良くし
                  無駄なく走るかです!

                  まず走るときの重心は
                  どこにありますか?
                  かかとやつちふまず(足全体)あたりに
                  ある人が多いと思います。

                  でも本当は足の前方
                  つま先周辺に重心が
                  乗っているのが理想です!



                  一つ実験をしてみましょう♪

                  まずは普通に平らな地面の上に立って下さい。

                  その時に足の裏にかかってる
                  体重のかかる位置
                  しっかり感じて下さい。


                  この体重のかかる位置を
                  上半身の重心の位置
                  大きく変わりますので
                  体感してください♪


                  まず上半身の重心はどこでしょうか?

                  上半身の重心は胸骨にあります。
                  みぞおちの上あたりですね!



                  この重心を意識して
                  両手を組んで上にあげて
                  伸びをしてください!



                  そうすると胸骨が
                  上がるのがわかりますか?
                  その上がった胸骨を
                  そのまま維持して
                  リラックスして
                  手を下げてください。


                  その状態で
                  足の裏にかかる
                  体重の位置は
                  先程と比べて
                  どうですか??


                  つま先の方に移動している
                  はずです!


                  よくマラソンは
                  上半身の使い方が大切
                  と言いますが
                  まさにこのことです!!


                  他にも
                  細かい身体の使い方はありますが

                  まずは
                  胸骨をあげる(胸を張る)ことを
                  しっかりイメージしましょう!



                  でも肩に力を入れちゃだめですよ!!


                  そして胸骨が上がったら
                  少し前傾姿勢にしてみましょう!
                  このとき背中は曲げないで
                  真っ直ぐです!


                  すると
                  胸骨があしの先より前に来た時に
                  バランスが崩れると思います。

                  そのバランスが崩れたときに
                  前に足を一歩踏み出します。

                  この繰り返しをする事で
                  体はどんどん前に進んでいきます。

                  さらにこのとき体には
                  前に出た胸骨を
                  地面に引っ張る力
                  重力が働いています。


                  その重力を利用して
                  足を前に出し続けているので
                  自分の力は少なくてすみます♪

                  一生懸命足で地面を蹴ると
                  ふくらはぎの筋肉は
                  すぐに限界を迎えて
                  あしがつってしまいますが

                  このような無駄のない力の
                  使い方をすることで
                  体力の消耗も抑えられ
                  筋肉の疲れも抑えられます!!


                  ちなみ
                  今説明した重心の使い方は
                  「背伸びランニング」といい

                  前にも紹介しましたが
                  この本から抜粋してます!


                  ランニングをしている人は
                  必読の一冊ですよ!!


                  無理なく無駄なく走るには
                  エネルギー効率の高い
                  効率的なフォームを身に着けましょう!!!

                  冬のランニングは汗が大敵!ウェアの種類で寒さ対策

                  2015.11.10 Tuesday

                  0
                    今回は意外と知られていない
                    ウェアの速乾性の重要性を
                    解説していきます!



                    ランニングシーズンは
                    10月に入ってから春先までと
                    基本的に寒い時期に大会が
                    目白押しです!!




                    寒くなると体も固くなって
                    ウォーミングアップをしっかり
                    しないとケガの元ですので
                    気を付けましょう。


                    また
                    寒くなるとケガだけじゃなく
                    実は体力も消耗します!!


                    人間の身体は外気に関係なく
                    体温を一定に保とうとします。

                    気温が低い時に身体は
                    体温を下げまいと
                    エネルギーを燃焼させるので
                    体力の消耗も激しくなってしまいます。


                    なので
                    実はダイエットは
                    冬の方が向いているんです!



                    みんな寒いから
                    なかなか外に出ないけど
                    そんな時こそ運動したら
                    春には他の人と
                    差を付けられますよ♪



                    話しがそれましたm(__)m




                    冬場は体力の消耗が激しいので
                    ランナーにとって寒さ対策
                    非常に重要です!!


                    「走ると汗かくし体温上がるから
                    大丈夫でしょ?」という人もいます。

                    本当にそうでしょうか??
                    その根拠は??



                    実際のところは
                    ランナーは冬場に低体温症になる人は
                    かなり多いのです!!



                    今年の箱根駅伝でも
                    5区の山登りで優勝候補の
                    駒澤大学の馬場翔太選手が
                    低体温症で失速して
                    何度も転倒しながら
                    最後は倒れこんでのゴール・・

                    見ていて非常につらくなるシーンでした。


                    箱根駅伝に出るような
                    ランナーでさえも
                    低体温症になってしまうのだから
                    一般の市民ランナーの人も
                    もちろんなる可能性は
                    十分にありますよね!?

                    一流の選手が汗のケアに
                    注意を配るのは
                    こういう点でもあるんです!



                    では
                    その対策はどうしたらいいのか?


                    ただ着込んで走っても駄目です!
                    着込みすぎたら走りにくいし
                    なにより途中から熱すぎて
                    結局脱いで汗で冷やす羽目に・・・。

                    具体的な対策の前に
                    まず知っていて欲しいのは
                    「熱伝導率」です。


                    難しい言葉ですが
                    ようは「熱」「伝え」やすさですね♪

                    乾燥したウェアと
                    汗をかいて濡れたウェアは
                    どのくらい寒さを感じる
                    割合が違うと思いますか?


                    乾燥しているときは
                    ウェアは空気を含んでます。

                    そして
                    汗をかいたウェアは
                    もちろん水を含んでます。



                    では
                    単純に空気と水の
                    「熱伝導率」は
                    どのくらい差があるのか!?




                    なんと
                    25倍も差があります!!!



                    濡れたウェアは乾いたウェアよりも
                    25倍も寒さを伝えやすいんです!!


                    しかも
                    ただ立っているだけじゃなく
                    走っているときは
                    風も切りますよね!?


                    一見走っていると汗をかいてますが
                    肌を触ると恐ろしく冷たいことも!!!


                    濡れて乾きにくいウェアを着ていると
                    一気に体の体温は低くなり
                    低体温症のリスクは高まります!!



                    ではどんなウェアがいいのか!?

                    コットン(綿)のウェアと
                    化学繊維のウェアを比べてみましょう♪



                    化学繊維(ポリエステル)のウェアは
                    濡れて乾くのに約70分ほどです。


                    では
                    コットンはどれくらいか?



                    何と210分もかかるんです!!!


                    コットンの方がボリュームがあって
                    暖かそうだから♪


                    そんな感覚で
                    コットンのウェアを着て
                    長距離走ったら
                    汗で濡れたウェアは
                    身体をどんどん冷やしていきますよ!!!


                    ボリュームがある衣類は
                    汗を吸うと重くなるので
                    体力も消耗します!



                    特に怖いのは雨の日!


                    レインウェアを着て走るから
                    大丈夫???


                    でもレインウェアを着てても
                    汗はかきますよね??



                    レインウェア着てると
                    中の水蒸気は外に逃げないので
                    どんどん汗で湿っていきます!

                    結果着ているウェアは
                    汗で蒸れてびちゃびちゃに・・・
                    なんてこともよくあります。


                    そうなると気温が低いと
                    汗で濡れたウェアは
                    外気の寒さを肌にどんどん伝えて
                    結果的には雨で濡れてなくても
                    汗で体を冷やしてしまいます!



                    じゃあ
                    何着ていけばいいのか??


                    僕のおすすめは
                    ファイントラック



                    軽いし速乾性も高いです♪


                    外からの水もはじいてくれて
                    汗はすぐに吸い取ってくれます!

                    アンダーウェアとして
                    一枚は持ってると安心ですよ♪



                    この時期は大会を控えていて
                    仕事上がりの夜遅くに
                    練習で外を走る人も多いはず!


                    万が一低体温症で
                    倒れてしまったら
                    誰にも気づかれないことも
                    考えられます!!


                    僕はアンダーウェアと
                    Tシャツにウィンドブレーカーで
                    走ってます。


                    気温がかなり低い時は
                    アームカバーや手袋
                    タイツやネックウォーマー
                    ニットキャップなども
                    おすすめ!


                    衣類でごわついて走るよりも
                    走りやすいし
                    寒さ対策には十分になりますよ♪


                    しっかり寒さ対策をして
                    ケガとトラブルの無いように
                    楽しく走りましょう♪♪

                    サブ〇、キロ〇分とは?走力説明とペース配分一覧

                    2015.11.09 Monday

                    0
                      最近街中にメーカーの
                      スポーツショップが
                      どんどん増えてきてますね!

                      数年前までは○○スポーツといった
                      個人で経営されているようなショップが
                      多かったのですが
                      めっきり少なくなりました。


                      ランニングブームが到来して以来
                      ウェアやシューズの種類も
                      非常に多くなり
                      何を選んだらよいのか
                      逆に難しくなって
                      きているよう感じます。



                      どのアイテムを買うにしても
                      まずは自分の走力を知ることが
                      大事ですね♪


                      なぜなら
                      例えば新しくシューズを
                      買うとしましょう。

                      スポーツショップのシューズ売場に
                      行くとだいたい走力ごとに商品が
                      カテゴリわけしてあります。


                      だいたい
                      サブ4やサブ3といった感じで!


                      マラソンをしているとよく
                      「キロ何分」「サブ4」といった
                      言葉が飛び交います。

                      それぞれどういう意味か
                      わかりますか???



                      「キロ何分」はわかりやすいです。
                      1kmを何分ペースで走るか。

                      では「サブ4」や「サブ3」は??

                      これは何時間「以内」で走れるかです。
                      「以内」なので注意!

                      サブ4は4時間以内。
                      サブ3は3時間以内ですね。



                      ちなみに「サブ(sub)」は
                      「下」という意味の接頭辞で、
                      潜水艦(submarine)などが
                      わかりやすいかな!


                      話しがそれましたが

                      そんな感じで走力ごとに
                      シューズはカテゴリ分け
                      されてることが多いです!

                      「サブ4を目指す方へ!」
                      「サブ6のビギナー用」
                      みたいな感じ。

                      アディダスさんはこんな感じ。


                      言葉の意味がわかったら
                      次は自分の走力はいかほどか!?

                      まずは普段の練習で
                      1km何分くらいの
                      ペースだと無理なく
                      走れるか探りましょう!


                      ※ランをするには時計は必須ですよ〜♪
                       おすすめのラン時計はまた後日!

                      だいたい大きな公園には100m毎に
                      どこかに目印がついてます!

                      それを目安にタイムを
                      計測してみましょう♪


                      キロ6分だとすると
                      1kmを6分で走るわけなので
                      42.195kmを約253分かかります。

                      253分は約4時間12分。
                      サブ4.5といったところですね。


                      なので
                      キロ6分で走れる人は
                      サブ4〜5のシューズを
                      目安にしましょう♪

                      わかりやすく一覧にすると
                      こんな感じ。
                       
                      キロ10分 キロ9.5分 キロ9分 キロ8.5分 キロ8分
                      フルマラソン 7時間 6時間42分 6時間18分 6時間 5時間36分
                      サブ○○ サブ7 サブ7 サブ6.5 サブ6 サブ6
                      ハーフマラソン 3時間30分 3時間18分 3時間6分 3時間 2時間48分
                      10,000m 100分 95分 90分 85分 80分
                      5,000m 50分 47分30秒 45分 42分30秒 40分
                      1,000m 10分 9分30秒 9分 8分30秒 8分
                      500m 5分 4分45秒 4分30秒 4分15秒 4分
                      100m 60秒 57秒 54秒 51秒 48秒
                       
                      キロ7.5分 キロ7分 キロ6.5分 キロ6分 キロ5.5分
                      フルマラソン 5時間18分 4時間54分 4時間36分 4時間12分 3時間54分
                      サブ○○ サブ5.5 サブ5 サブ5 サブ4.5 サブ4
                      ハーフマラソン 2時間36分 2時間30分 2時間18分 2時間6分 1時間54分
                      10,000m 75分 70分 65分 60分 55分
                      5,000m 37分30秒 35分 32分30秒 30分 27分30秒
                      1,000m 7分30秒 7分 6分30秒 6分 5分30秒
                      500m 3分45秒 3分30秒 3分15秒 3分 2分45秒
                      100m 45秒 42秒 39秒 36秒 33秒
                       
                      キロ5分 キロ4.5分 キロ4分 キロ3.5分 キロ3分
                      フルマラソン 3時間30 3時間12分 2時間48分 2時間30分 2時間6分
                      サブ○○ サブ3.5 サブ3.5 サブ3 サブ2.5 サブ2.5
                      ハーフマラソン 1時間48分 1時間36分 1時間24分 1時間12分 1時間3分
                      10,000m 50分 45分 40分 35分 30分
                      5,000m 25分 22分30秒 20分 17分30秒 15分
                      1,000m 5分 4分30秒 4分 3分30秒 3分
                      500m 2分30秒 2分15秒 2分 1分45秒 1分30秒
                      100m 30秒 27秒 24秒 21秒 18秒

                      あくまでも目安なので
                      実際のレースでは登りが
                      多いとタイムは遅くなるし
                      下りが多いとタイムは縮みます。

                      この表は覚えておいた方が
                      いいですよ〜♪

                      僕は印刷して持ち歩いてます♪

                      大会でも練習でも
                      5,000mを何分で通過して
                      10,000mを何分で通過したかを
                      チェックすると

                      普段のペースと比べて
                      早いか遅いかがすぐわかるので
                      100毎のペースをチェックして
                      普段のペースに落とせるので♪


                      ケガをしたり途中リタイヤする人は
                      だいたいペース配分のミスです!



                      気温が異常に高かったり
                      コンディションが悪いと
                      感じた時は遅めのペースで
                      調整しましょう!

                      最初に無理すると
                      後半すごくきついけど

                      最初体力を蓄えておくと
                      後で追い込みがかけられます♪

                      ペースをしっかり守って
                      最後にスパートかけられるくらいの
                      余裕をもって走ると
                      マラソン大会は本当に楽しいですよ♪

                      これくらいの笑顔で
                      ゴール出来たら最高ですね♪

                      ※トライアスロンエイジグループ元女子日本代表中川祐理選手

                      CALENDAR

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>