UTMF!!

2015.10.06 Tuesday

0
    「ウルトラトレイル マウントフジ(ULTRA-TRAIL Mt.Fuji)」が今年も終わりました。



    9/25〜9/27の三日間をかけて、約170kmの距離にチャレンジした1,400人のトレイルランナーの方々。
    脱帽です!!!



    UTMFの雰囲気はこんな感じです♪




    UTMFの実行委員会にはあの鏑木毅さんも名を連ねています!
    トレイルランをしている人鏑木さんを知らない人はいないはず!!
    もし知らない方は・・・こちらで勉強くださいm(__)m
    鏑木毅さんオフィシャルHP
    http://trailrunningworld.jp/



    トレイルランは一部の人のマナーの問題でネガティブなことを最近耳にしますが、
    このUTMFを始めおおきな大会のほとんどは、大会規則にしっかりと「自然保護について」と「他社への配慮について」
    厳しく規定が盛り込まれています。
    ※UTMF競技規則
    http://www.ultratrailmtfuji.com/about/rules/



    一人ひとりの行動が全体に影響を及ぼすので、練習の時のマナーなども気を付けないとですね!!




    さて、このUTMFのコースは、
    距離:約170km
    累積高低差:8,337m
    制限時間:46時間
    という驚異的な内容!


    コースマップはこんな感じ。





    こういったウルトラの距離になると、選手の荷物の選び方もかなりシビアです!!
    1gでも軽くするために服のタグを切ったり、栄養補給の食料も摂取カロリーと重さを考えてチョイス。



    そこまで神経を費やしても、完走できる人は60%を切る過酷さ・・・。




    ケガや体調不良などで続々とリタイヤが続出していきます。
    そんな中でItoitexの靴下が選ばれる理由は、軽さ耐久性マメの出来にくさにあります!



    まず、軽さは、綿の靴下の約半分の軽量性!!
    次に、耐久性は、綿の靴下の約三倍の耐久性!!
    そして、一番選ばれる理由はマメの出来にくさ!!と、ふやけにくさ!!



    まずは、この画像を見比べてみて下さい。
    上の画像はItoitexの靴下を履いて完走した直後の選手の足の裏。
    その下は、一般のメーカー様の靴下を履いて完走した人の直後の足の裏。



    分水嶺トレイル(120kmのトレイルランの大会)の写真です。




    同じ環境下で走っても、靴下が違うだけでここまで足へのダメージが違います!!



    たかが靴下、されど靴下。
    侮るなかれ!!



    Itoitexの靴下の販売店はコチラ

    お近くに販売店がない場合はインターネット通販でもご注文受け付けてます♪
    インターネット通販はコチラ
    http://www.itoitex.co.jp/?mode=srh&keyword=

    スラックラインってカッコいい!!!

    2015.10.05 Monday

    0
      突然ですが、スラックラインって知ってますか??



      Itoitexが今注目しているスポーツなのですが、
      たぶん名前は聞いたことなくても、見たことある人多いはず!!



      口で説明するより見た方が早いので、こんな感じ↓の競技です♪
      ※docomoさんのXperiaのCM動画です。




      トリックを決めているベルトの幅はなんと約5cm!!



      普通の人は歩くのはもちろん、バランスをとって立つだけでもかなり難しいスポーツです・・・。



      スラックラインの発祥としては、もともとクライマーの人たちがザイルを使って綱渡りをする、
      遊びの延長から競技になったようです。



      バランス感覚と体幹を鍛えられることから、
      いろんな一流アスリートがトレーニングに取り入れてたりします!



      そんなスラックラインの世界チャンピオンがなんと日本にいるんです!!!
      その名も、福田恭巳(ふくだ ゆきみ)選手。




      美しくないですか!!??
      福田選手はもちろん、このバランス感覚とこの技!!



      ちなみに福田選手は今年の九月に行われた日本一を決める大会、
      「日本オープンスラックライン選手権」でなんと五連覇を達成!!!!




      そんな福田選手もなんとItoitexの靴下を使って頂いてます!!
      先日、福田選手のブログでも『ご紹介して頂きました♪
      http://ameblo.jp/ganba143/



      ちなみに、先程のdocomoさんのXperiaのCMに出てくる女性も福田選手です♪



      Itoitexとしても、スラックラインがもっと広るように色々とイベントを考えてます♪



      九州にもスラックラインをされているグループがありました♪
      その名も、SLACK9(スラックナイン)
      http://slack9.com/



      ナインの「9」は九州の「9」ですね♪
      しかもItoitexと同じく福岡で中心に活動されているとか!!



      一度イベントにお邪魔したいものです♪



      最後に、福田選手の特集がGLOBAL WORKさんの『世界人』で特集が組まれてましたので、
      是非見てみて下さい!!

       

      クロキビスポークルーム様でお取り扱いスタート

      2015.09.04 Friday

      0
        五本指ではない靴下、アパレルライン販売店卸スタートしました!




        帯もいい感じでしょ♪



        五本指と同じくシルクを使ってるから、履いた時の高級感もいい感じです!!



        スーツの仕立て屋さんで取り扱って欲しかったので本当に嬉しい♪♪



        というわけで、今回は「クロキビスポークルーム」さんをご紹介!



        入口はこんな感じ!



        オシャレな門構えだけど、威圧感の無い感じがいいですね♪



        ちなみに、こんな感じで展開して頂いてます_(._.)_



        レジ横と言うベストな位置にありがとうございます!!!



        店内はこんなオシャレなアイテムだらけです♡



        こんな可愛いミニチュアも( *´艸`)



        中でも僕が惚れてしまったのがこのアイテム!!



        これ何かわかりますか??



        NOCというカフスリンクス!!



        名前の由来は、「Not On the Cuff」。
        スラングで「掛け値なし」という意味。



        掛け値なしの付き合い。
        掛け値なしの存在感。
        名前の由来もカッコいい!!!!!



        重厚感もあるので、付けたときテーブルと接触したときのノック(NOC)音もたまらなさそう♪



        半楕円体の曲線美も美しい♡
        小物好きにはたまらん逸品です!!



        こんな素敵なお店で取り扱ってもらえるのは本当に幸せです♪
        黒木さんこれからもよろしくお願いします!!!

        初投稿はオススメのラン本!

        2015.09.02 Wednesday

        0
          初めまして。
          Itoitex代表の首藤です。



          マメな性格じゃないけど、ブログ定期的に書いていこうと思います!!
          たまに覗いてね♪


          第一回目は、こちらの本のご紹介!
          『背伸びランニング』


          日本中で引っ張りだこの人気プロトレーナー小島成久先生の著書。
          ※小島先生の経歴はコチラ


          この本の何がお勧めかと言うと、
          ・わかりやすい
          ・すぐに体感できる
          ・初心者〜上級者レベルを問わない



          僕も色んな本読んだけど、これは本当にすぐに取り入れられる!
          しかも、ランだけじゃなくあらゆる競技の基本となる「重心」の話しだから、
          色んな競技の人に読んでもらいたい!!



          僕も「背伸びランニング」を取り入れてから確実にタイムが速くなったし、
          何より疲れにくくなった!
          エネルギー効率が良くなったと言った方が正確かな?



          タイムが伸び悩んでたり、エネルギーの消費が他の人より多いと感じる人は絶対に読んで欲しい!!
          出版元の梓書院さんから購入できるようです♪



          ん?
          「背伸びランニング」の内容??
          それは中途半端に僕がつらつら書くより読んだ方が早いかなと。
          め、めんどくさい訳じゃないよ(; ・`д・´)
          説明が下手なだけさ(-ω-)/



          ちなみに、この本は首藤も大会で一緒に販売させてもらってるから、
          首藤に連絡くれても大丈夫だよん♪



          他にもスポーツジムのリフレ新宮さんでも販売してるよ!




          そんなこんなで、初投稿はこんな感じで終ります。
          長い文章核の苦手なんで〜(-ω-)/

          お勧めのスポーツ系の本あったら教えてね〜♪

          開発者の想い

          2015.08.11 Tuesday

          0
            和紙の靴下の開発者である「糸井徹」氏。
            彼が和紙の靴下に掛ける想いや、その実証をまとめました。
            「BORN TO RUN」という、非常に興味深い本にも触れてます。

            「何故人は走るのか」。 この本も面白いので是非読んでみて下さい! 「和紙」とスポーツ・・・「和紙布」の“パワー” 2013年10月17日(木) NHK TV=午後10時より、「地球イチバン 世界一走り続ける民 メキシコ大渓谷100km激走!! 魔裟斗VS最強ランナー 人はなぜ走るのか」 の放映がありました。

            160kmを走るアメリカのウルトラマラソンで上位を独占した、メキシコの山奥にクラス「ララムリ(ララムリ)」と呼ばれるタラウマ族の放映でした。
            ※「BORN TO RUN」という本がより詳しくタラウマ族について特集しています。

            彼らは決してシューズも靴下も履かない、古タイヤのゴム製の草履(ぞうり)の様なものを作り、 それを履いて走っています。 裸足に近い状態で、これが一番良いのだと言っていました。
            通常、ランニング中はシューズの中で激しい摩擦が発生しているのと同時に、激しく皮膚呼吸が行われています。

            この摩擦で肉刺(マメ)や水ぶくれとなって現れ、足にダメージを与え、ひいては疲れに繋がっていきます。 裸足に近い感覚と、蒸れへの対応 和紙の靴下に使っている和紙の原料は、マニラ麻100%です。

            製法は、このマニラ麻を熱湯で蒸解することにより、樹脂分などが取り除かれ、 備長炭のような多孔性のある強靭な繊維がとりだされ、和紙に漉かれます。 ※マニラ麻に関してはこちらの記事でも詳しく説明しています。

            マニラ麻の強靭な繊維で作られる為、和紙の靴下は非常に耐久性に富み、 薄く作ることが出来るのでより裸足の感覚に近くなります。

            和紙の靴下の一番の特徴である「蒸れの激減」は、すでにロードランやトレイルラン、ロックショアアングラー等の多くのアスリートによって実証されきております。
            汗をかいても、たとえ水や雨に濡れても靴の中が非常に蒸れにくく、摩擦が極めて発生しにくい状況を作り出しているからです。 ※蒸れに対しての実証はこちら。

            他メーカー様ソックス着用のレース後(左)と、和紙の靴下着用のレース後(右) また、1足で500km以上走っても破れないという耐久性の声を多く頂いてます。
            和紙の靴下開発者「糸井徹」の想い 日本の伝統文化と技術による「和紙布」を日本のスポーツ界に採り入れ、世界を目指すアスリートに活用されることが望まれます。 こうした活用が、日本のスポーツ界における新たな発展に寄与し、ひいては世界のスポーツ界に貢献し、広く社会に反映させていきたいと願う次第です。

            和紙布研究科 糸井徹

            CALENDAR

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>